2017年07月08日

土曜日、

昨夜は軽く打ち合わせをしたあと、
大塚で一献。
新規開拓したビストロふうの店、
当たりでした。
会計を間違えたのでは? と思うくらいの安さ。
再訪は決定。
古書コレクターのふたりがお相手だったので、
かなり興味深い話がいくつか。
仕事とはまったく関係ありませが…。

土曜日、普段通りの出勤。
朝からひたすらにゲラと格闘。
来客なし、電話なし、メールなし。
気分転換に時折文字入力作業。
昼前に受け取るべき荷物が到着。
仕事ではないのですが、
進めなくてはならない作業です。
果たして終わるか…なのですが、
終わらせなくてはいけません。
何はともあれ、
それなりに効率よく仕事が進んだ土曜日でした。
posted by udagawa at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2017年07月07日

金曜日、七夕

金曜日、
昨日はサラダ記念日、今日は七夕。
普段より少し早めに出勤。

午前中に取次へ行き注文分の納品。
暑いからなのか、
最近注文が減少の傾向。
コンスタントに注文があるのが、
何よりありがたいのですが…。
戻って文字入力作業。
助っ人が昨日に続いて来てくれたので、
分担しての作業。
先はまだ長い、といった感じです。

実はエアコンが壊れてしまい、
しばらく放置していました。
かなり古いものなので仕方ないのですが、
猛暑に備えて先日購入。
さすがにエアコンなしに夏を乗り越える自信はありません。
来週火曜日に設置予定。

今夜は打ち合わせ1件。
明日は通常通りの営業です。
posted by udagawa at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2017年07月06日

『月に射されたままのからだで』

勺禰子歌集『月に射されたままのからだで』を刊行しました。
 四六判並製カバー装
 192ページ 定価:本体1900円(税別)
 栞文/江戸 雪、藤原龍一郎
「短歌人」に所属する著者第1歌集

著者のお名前は「しゃくねこ」と読みます。
大阪生まれ、関西在住の女性です。
もともと編集者だったので
(初めてお会いしたときは大阪のI書院の編集者でした)、
アイデアとこだわりに満ちた一冊になりました。
本文の組み方も一寸変えています。

ホームページに書影を掲載しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2017年07月05日

水曜日、

水曜日、普段通りに出勤。
あまりの蒸し暑さに消耗気味です。
朝から急ぎの仕事。
確認して急ぎ返信。
仕事場周辺はいくつかの建物の解体作業が始まりました。
徒歩10秒の3つの建物が取り壊され、
何が出来るかと思ったら9階建てのホテル+オフィスだとか。
これも再開発。
いずれは騒音に悩まされそうです。
午後、気分転換にばっさり髪を切りました。
多少鬱陶しさが解消。
夕方から入力作業。
原稿用紙20枚ほど、
さほど早く入力は出来ず…。
そろそろ切り上げることにします。
posted by udagawa at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2017年07月04日

火曜日、

火曜日、普段より早めの出勤。
朝から天気がはっきりせず、
蒸し暑いいちにち。
実は昨夜は21時半まで仕事場にいました。
少々立て込み状態。
打開せねばならないこともあり、
いましばらくこのような状態が続きます。
朝から時間に追われながら仕事。
外出して15時に打ち合わせ1件。

新刊1点出来。
まずは著者へダンボール箱に詰めて発送しました。
近々ホームページでも告知します。
posted by udagawa at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2017年07月01日

文月朔日、土曜、

今日から7月!
今年も下半期に突入、
というわけで土曜出勤。
土曜なので(?)鍵をかけて、
籠ってデスクワーク。
月曜に明け渡す仕事をまとめ、
戻ってきた校正刷を整理、
催促されている原稿の推敲など。
この1週間でいちばんはかどったような…。

昨夜は迢空賞の授賞式に出席。
受賞は橋本喜典歌集『生きて帰る』。
蛇笏賞がふたり受賞(高橋陸郎、正木ゆう子)だったこともあって、
例年より出席者も多かったようです。
大半は俳人でしたが…。
22時過ぎには帰宅。
posted by udagawa at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2017年06月30日

金曜日、水無月尽日

週末の金曜日、朝からの雨。
普段より少し早めの出勤。
頼まれ仕事を取り急ぎ戻し、
催促されていることがあることは分かっているものの、
諸事情もあって別の仕事に取りかかりました…。
何だか焦ります。
パソコンが久しぶりに不調。
昼過ぎに雨が止むものの湿気あり。
入力作業ははかどりそうにないので明日以降。

今日で6月も終り。
明日から7月という当たり前のことに、
更に焦っております。
7月は新刊数点、
8月も同じようなペース。
さてそれ以降は…。

写真は近々解体されるビル。
築80年ということです。
つまり戦前からの建物。
大塚ではいちばん古いビルのようです。

大塚ビル.JPG
posted by udagawa at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2017年06月29日

木曜日、

木曜日、普段通りの出勤。
週半ばになり疲れもピーク。
黙々とデスクワーク。
外出も控えめです。
助っ人と入力作業を分担、
何とか約束の期日までに完了したいもの。
相変わらず入力は早くありません…。

文藝別冊の「俵万智 史上最強の三十一文字」を読む。
再録の「枡野浩一から俵万智への三十一質問」は、
初出で読んだ記憶あり。
枡野さんの、
・こわいのは生まれてこのかた人前であがったことのない俵万智
は、わたしとの雑談がきっかけの一首だったような…。
俵さんご本人から人前であがったことがない、
と聞いて心底驚いたことがあります。
posted by udagawa at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2017年06月28日

水曜日、

水曜日、普段より15分早く出勤。
この15分で通勤ラッシュは少し楽になります。
朝から雨、
デスクワーク。
割付1点、9月末刊行を目指す1冊。
外出して15時に打ち合わせ1件。
戻って作業の続き。

  *

鈴木宏『風から水へ ある小出版社の三十五年』(論創社)を読了。
386ページ、少しだけ時間がかかりました。
後半はより具体的な数字が出ていて経営書の装い。
抽象的に、あるいは理想論は必要ないので、
この具体的な数字にしばし驚くことしばしば。
帯には「理念と現実の狭間」とありますが、
思いを巡らせ、勉強になった一冊。
水声社が小出版社ならば、
小社はまさに零細出版社。
零細出版社には零細なりのやり方を模索すべきでしょう。

  *

今日はこれから来客あり、
制作のみ引き受ける冊子の打ち合わせです。
posted by udagawa at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2017年06月27日

火曜日、

火曜日、普段より15分ほど早い出勤。
仕事場に着くなり、
各所にメールとファックス。
10時、Oさんが来社、打ち合わせ。
ざっくばらんにこちらの考えを申し上げ、
無事合意。
そのあと直ぐに取次へ、
注文分の納品。
以後、デスクワーク。
外出して16時に打ち合わせ一件。
打ち合わせの多き一日。
戻って三月書房のメルマガを読みました。
かなり具体的な数字が出ているのですが、
なかなか考えさせられる内容。
そして厳しい指摘あり。
posted by udagawa at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務