2019年05月20日

5月19日、日曜日、

日曜日、
8時起床、10時出社。
出社前に駅前の喫茶店で30分ほど内職。
ゆるやかな日曜出勤。
昼は外食。
つい麦酒を頼みそうになりましたが、
ここは我慢。
16時半まで籠って仕事。
それなりの進捗ということにして、
帰宅後、娘と食事。

北村薫のデビュー作『空飛ぶ馬』を再読。
学生時代以来と思っていたのですが、
文庫の奥付をみると、
卒業はしていたようです。
1学年上のサークルの先輩が北村薫ファンでしたが、
当時は覆面作家で、
男性か女性か分からなかった記憶あります。
そんなことを思い出しました。
posted by udagawa at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年05月19日

5月18日、土曜日、

土曜日、
5時40分起床、7時40分出社。
土曜日といえど娘も学校があるので、
普段通りになっています。
朝からデスクワーク、
そして経理担当者(!)から頼まれていたので、
領収書の整理。
経費を書き込んだりして4月まで。
貯めてしまうのは良くないと分かっていながら、
ついつい溜まっていきます。

14時過ぎに切り上げ、
15時からの某理事会に出席。
気楽に考えていたら予想以上の緊迫感。
途中で逃げ出したくなりました。
これが1年間続くのですが、
本当に大丈夫か…といった感あり。
これならば仕事していた方が…、です。
17時過ぎまで。

家人は66の例会と飲み会。
試験前の娘と近所の街中華(!)で食事。
地元の人しか来ない店。
味が実に素朴で飽きません。
そして安い。
いつまでも続いてほしいものですが、
後継者はいないようです。

帰宅後、一仕事。
posted by udagawa at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年05月18日

5月17日、金曜日、

金曜日、
5時40分起床、7時40分出社。
普段より睡眠時間をたっぷり取ったら、
だいぶ回復しました。
睡眠は大切、という当り前のことを実感。
外出控えめでデスクワークに専念。
Iさんに念のため3校刷を送付。
間隔があいてしまったのですが、
何とか6月末に刊行したいもの。
帯文もほぼ確定。
雑務を少々こなし、
19時近くまでで切り上げ、
真っ直ぐ帰宅。

大塚で働き始めて、
友人、知人、お客様を最もお連れしているのは、
「三平」なのですが、
「おんな酒場放浪記」という番組で取り上げられたとか。
ネットで観てみました。
女将さん、料理人さん、映っていました。
当り前ですが…。
それなりに安くて美味しい店です。
客の平均年齢が高く、うるさくないのも良いです。

posted by udagawa at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年05月17日

5月16日、木曜日、

木曜日、
5時40分起床、7時40分出社。
疲労蓄積気味。
9時到着を目指して東五軒町のトーハンへ。
9時6分到着、それほど待たず申請。
往復でよく歩きました。
事務所に戻ってのちはデスクワーク。
細々した作業多く、
午後ほぼ限界に…、集中力激減。
しばし休憩……、そして復活。
黙々、更に黙々とデスクワーク。
ある程度目処がつきました、ような…。
19時過ぎまでで切り上げ帰宅。
2日続けて自宅で食事、
倒れるように、小学生みたいな時間に就寝。
posted by udagawa at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月16日

5月15日、水曜日、

水曜日、
5時40分起床、7時40分出社。
外出控えめで一日デスクワーク。
やらねばならぬことまだ多し。
Iさんの歌集の原稿がようやく揃い、
あとは刊行まで一気に進めたいもの。
「俳句」の単発広告の申し込み、
7月号に縦3分の1。
18時過ぎ、S田さん来社。
デザインを受け取り、
今後の予定を確認。
そのあと駅の反対に行き、
はなたれ→うな鐵というコース。
うな鐵に行ったのは何年ぶりか。
ひとりカウンターで飲んでいたら、
O崎さんにばったり会ったことがあります。
違う大塚の店でも会ったことあり。
この日それほど飲んだつもりはなかったのですが、
帰る頃には酩酊気味。
23時前に帰宅。
posted by udagawa at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年05月15日

5月14日、火曜日、

火曜日、
5時半起床、7時半出社。
9時到着を目指して
御茶ノ水の日販へ、
受付2番、業務開始の頃にはかなりの待ち人、
そのあと春日の大阪屋栗田へ。
手続きが無事完了して急ぎ事務所に戻りました。
江戸川橋のトーハンは後日。
午後、三校戻し1本と入稿1本。
郵便で待望の跋文が届き、
手書きだったので時間短縮のため急ぎ入力。
帯文案を著者にメールで送信。
14時過ぎ、一仕事終えた助っ人出社。
デザインの調整、進行確認。
更に別件の調整、修正。
19時過ぎまで働き、力尽きました。
真っ直ぐ帰宅。

IMG_0560.jpg
posted by udagawa at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年05月14日

5月13日、月曜日、

月曜日、
5時40分起床、7時40分出社。
途中、リポビタンDを1本。
前日の疲れが残っています。
10時半、Sさん来社。
1回目の打ち合わせ。
お会いしたのは4年ぶりくらいでしょうか。
1時間ほど。
午後はデスクワーク。
夕方、Mさんから電話あり。
お話しするのは4年か5年ぶり。
ずっと止まっていたことを再開することに。
今月中にお会いすることになりました。
17時半過ぎ、仕事を切り上げ神田へ移動。
駅の近くでまた栄養剤。
月例のボランティア作業。
20時には終了。
終わって4人で食事。
そのあとM田さんに付き合って頂きもう1件。
帰宅は23時。
posted by udagawa at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年05月13日

5月12日、日曜日、『実録・現代短歌史 現代短歌を評論する会』を読むつどい、

日曜日、
7時半起床、9時出社。
瀬一誌さんのご命日。
例年より思い出すのが遅かったのですが、
金曜日にお花をお送りいたしました。
お亡くなりになって18年です。
3時間ほど集中して仕事、
そのあと移動。
中野サンプラザでの、
『実録・現代短歌史 現代短歌を評論する会』を読むつどいに出席。
外塚喬さんの著書について、
そして今後の短歌批評について話し合いました。
パネリストは敬称略で、
寺島博子、富田睦子、小島なお、濱松哲朗、三上春海、阿木津英(司会)。
前から2列目のK月さんの隣が空いていたので座らせてもらい、
前にO村さん、後ろにK藤さんという席。
知り合いもちらほら、
60名ほどの出席。
右斜め後方に石川幸雄さんがいました。
13時から17時近くまで、
多くの問題提起がなされました。
赤ひょうたんで懇親会。
そのあともう1軒。
23時半過ぎに帰宅。
posted by udagawa at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2019年05月12日

5月11日、土曜日、

土曜日、
5時40分起床、7時40分出社。
午前中、委託分の発送を完了。
終わってひたすら校正。
すればするほど疑問が見つかる状態。
とはいえそろそろ念校の手配です。
原稿をお預かりした方にお電話。
以後、週末になってもそれなりのはかどり。
近刊の帯文を考えたりして、
17時半まで籠って真面目に仕事。

家人は中野で会に参加、
学校帰りの娘と合流して、
乗換駅近くの銀だこ酒場で食事をして帰宅。

D6QmIweUUAArCZB.jpg
posted by udagawa at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月11日

『雨宮雅子作品鑑賞 昼顔讃歌』

高旨清美著『雨宮雅子作品鑑賞 昼顔讃歌』を刊行しました。
 
 四六判上製カバー装
 222ページ 定価:本体2500円(税別)
 
雨宮雅子さんが亡くなられて何年経ったのでしょうか。
主宰誌「雅歌」は終刊となってしまいました。

長年雨宮さんの作品に私淑していた著者が、
同人誌「晶」などに長年書き継いだ文章をまとめた一冊です。
著者の高旨さんとは何度か打ち合わせを重ねましたが、
いつも都電荒川線でお越しになりました。

雨宮さんとお会いしたのは前職のときに数えるほどです。
ただ退職の挨拶の葉書をお送りしたら、
励ましのお手紙を頂いたことがあります。
心細かった時期だったので、
とても嬉しかった記憶があります。
以後、著書と「雅歌」を必ず送ってくださいました。

ホームページを更新しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊