2022年07月28日

7月27日、水曜日、

水曜日、
6時10分起床、8時出社。
連日の猛暑。
事務所に籠って作業。
Kさんの初校を印刷所に戻し、
念校をTさんに送付。
14時過ぎ、某編集部に原稿を送信。
依頼受けてから1週間ほど。
なせばなるなさねばならぬ!
しばしぐったり。
Sさんの歌集の初校の校正を開始。
週末には発送したいところです。
18時半で切り上げ帰宅。
posted by udagawa at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2022年07月27日

7月26日、火曜日、

火曜日、
6時10分起床、8時出社。
猛暑のうえにコロナ感染者は激増。
まずは事務作業。
雨が激しくなるなか、
10時に予約した医院、定期検診。
問題なし。
戻って作業の続き。
「短歌」の広告を担当者に送信。
残念ながら近々異動になるそうです。
12年間、窓口になってくださいました。
午後、S木さんの歌集を校了。
デザインも校了。
Kさんよりメールであとがき。
レイアウトに悩みましたが、
とりあえず明日の入稿としました。
19時前に切り上げ帰宅。
posted by udagawa at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2022年07月26日

7月25日、月曜日、

月曜日、
6時10分起床、8時10分出社。
籠ってデスクワーク。
K井さんの歌集を校了。
併せてデザインの手配。
昼過ぎに月例の作業の一部をメールで戻し、
開発社に在庫補充分を1箱発送。
Sさんの再校が戻ってきたので確認。
15時過ぎ、銀行で振り込み1件。
世間は給料日だったらしくATMも混んでいました。
原稿を1本仕上げ、担当のTさんに送信。
週明け早々慌ただしく過ごしました。
19時で切り上げ帰宅。

posted by udagawa at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2022年07月25日

『麦笛』

室井忠雄歌集『麦笛』を刊行しました。

 四六判上製カバー装
 230ページ 定価:本体2500円(税別)
 「短歌人」同人の第4歌集

装画はこれまで同様に松原賢さん、
帯文は小池光さん。
第2歌集は小社刊行ですが、第3歌集は角川書店刊、
第4歌集で再び刊行のお手伝いをすることができました。

ホームページを更新しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

7月23日、土曜日、

土曜日、
7時起床、9時出社。
朝なかなか起きられず。
出社すると校正刷の整理。
月例の作業がメールで届き、
ひとまずすべて出力。
昼は外食。
家系のラーメンとサービスライス。
明らかに食べ過ぎです。
K井さんから再校刷の返送。
7月刊行予定でしたが、
予定通りには進みませんでした。
開封して確認。
来月中には刊行したいところ。
18時半からZoomでの月例会議。
1時間ほどで終わるものの、
そのあとの片付けに時間がかかり、
20時20分にようやく退社。
疲れ果てて乗換駅近くの居酒屋で40分ほど。
ほろ酔いで帰宅。
posted by udagawa at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

7月22日、金曜日、

金曜日、
6時10分起床、7時50分出社。
左踵の痛みもほぼ回復。
月例の内職2件、それぞれの担当者に返送。
以後、しばし発送作業。
印刷所から請求書が到着。
お金のことをしばし考えました。
お陰さまで去年よりは経営も順調です。
去年はなかなか……でした。
土曜日のZoom会議の資料の準備。
思いのほか手間取り、
19時過ぎに切り上げ帰宅。
posted by udagawa at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2022年07月23日

7月21日、木曜日、

木曜日、
6時10分起床、8時出社。
開発社から在庫補充の依頼。
『食卓の音楽』は重版が出来上がった途端、
注文が少なくなってしまっていたのですが、
やや盛り返してきました。
今回の4刷が最後のつもりです。
『パン屋のパンセ』はもう一回重版か。
届いた校正刷の確認と整理。
Tさんから追加作品の原稿が到着。
頁数もかなり変わってくるので、
デザイナーに連絡。
室井忠雄歌集『麦笛』が出来上がりました。
19時で切り上げ帰宅。
posted by udagawa at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2022年07月21日

7月20日、水曜日、

水曜日、
6時半起床、8時10分出社。
朝なかなか起きられず…。
猛暑ゆえ籠って作業。
入口付近に積み上げていた『食卓の音楽』重版、
少しだけ移動。
在庫の保管場所も悩みの種です。
倉庫を借りる余裕はなく、
何とか在庫管理をしています。
倉庫を借りてもデッドストックになってしまっては
意味がありません。
月例の内職を仕上げて返送。
毎月終わると少しだけホッとします。
昼は持参のお弁当。
この日は編集者らしい作業はほとんどなし。
夕方、Tさんから定価変更のお願いあり。
印刷所とデザイナーに連絡。
事務作業が終わらず、
19時までかかってようやく切り上げ帰宅。
posted by udagawa at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2022年07月20日

『発寒河畔』

明石雅子歌集『発寒河畔 さくら鳥の来るところ』を刊行しました。

 四六判上製カバー装
 160ページ 定価:本体2400円(税別)
 「短歌人」「花林」同人の第2歌集

32年ぶりの歌集です。
第1歌集『骨笛』は雁書館刊行、
解説は増谷龍三。
前衛短歌の流れを汲む1冊でした。

ホームページを更新しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

7月19日、火曜日、

火曜日、
6時10分起床、8時出社。
猛暑。
籠っての作業。
打ち合わせから半年以上かかった1冊、
何とか無事校了!
来月刊行予定です。
夕方になって電話多し。
Tさんのデザインも決定。
某編集部より電話で急な依頼1本、
通常より3分の1の時間しかありません。
それも仕方なし。
19時前に切り上げ帰宅。
posted by udagawa at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務