2014年02月14日

告別式

東京は朝から雪、
一度出社したから喪服に着替え、
中野坂上の宝仙寺へ。
小高賢さんの告別式。
雪にもかかわらず多くの参列者。
わたしは別室待機、
「かりん」の方々のなかで御経と弔辞を聞きました。
弔辞は馬場あき子さん、加藤典洋さん、坂井修一さん。
それぞれ師、友人、後輩としての立場での弔辞。
周囲はすすり泣き、こちらも涙が出てきました。
享年69、
まだまだやり残した仕事があったことでしょう。
お焼香を終えて、直ぐに帰社。

  *

午後は仕事場に戻って事務作業。
事務所の賃貸の契約更新完了、
これでもうしばらく大塚を拠点にします。

雪が積もってきました。
仕事場周辺はゆるい坂道が多いので、
歩くのも一苦労です。
posted by udagawa at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月25日

深酒、鷽替え神事

昨夜学生時代の友人が
盛岡から上京していたので、
大塚で会いました。
4軒をハシゴ、約7時間呑み続けました。
最近は深酒はしないようにしていたのですが、
1年以上ぶりの再会で、
ついつい楽しくなってしまい…。
でもさすがに呑み過ぎ、それなりに散財。

  *

今朝は6時20分起床。
多少前日の酒が残っていたものの、
しっかり朝食をとり、
家族で湯島天神へ。
毎年の初天神(1月25日)は、
鷽替え神事があります。
自宅と仕事場に木鷽を購入。
除災招福・開運だそうです。

湯島駅前で妻子と分かれ、
10時半には仕事場着。

これから打ち合わせ2件。
posted by udagawa at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月16日

本棚

自宅の本が収まりきらなくなり、
リビングのパソコンラックを処分して、
先日、本棚を購入。
熟慮を重ね決定。
この棚にはまだ本を重ねて並べていません。
この状態がいつまで続くのか。

自宅に置く本、
仕事場に置く本、
分類をある時期に決めたのですが、
時折混乱して
どちらに置いたのか分からなくなったりします。
先日も必要な本が見つからず、
購入寸前でようやく見つかりました。

別の部屋の本棚を昨日整理。
雑誌はケースに入れたり、
トランクルームにしまったりしました。
本は増えることはあっても、
減ることはありません。

  *

10年以上前、
歌集のコレクターだったKさんから、
蔵書を引き取らないかと言われたことがありますが、
残念ながらお断りしました。
その量を引き取る場所がなかったからです。
その後も幾度か、
別の方からそういう依頼がありましたが、
悩みつつもお断りしてしまいました。

  *

現在、仕事場にかなりの本を置いています。
段ボール十数箱がそのまま。
整理しなくてはと思いつつ、
そのままになっています。
posted by udagawa at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年12月14日

昨夜は仕事帰りに後楽園ホールへ。
いただいたチケットでプロレス観戦。
同行は歌人の某氏。
歌集にエル・ソリタリオを詠った一首がある、
マニアックなプロレスファン。
といっても観戦は久しぶりだとか。
わたしは半年ぶりくらい。
愉しいひとときでしたが、
思ったより試合は長引き、
9時半近くに会場を出ました。
すると東京ドームの方からの人波。
若い女性のグループ多し。
時折親子らしき二人も。
持っているグッズから嵐のライブ帰りと判明。
駅まで歩くのに一苦労。

駅周辺の居酒屋は、
ライブ帰り、忘年会の二次会などでどこも満員。
少し駅から離れた店をようやく見つけ、
1時間ほど呑みました。
わたしが会社員時代にはなかった居酒屋。

久しぶりに水道橋を歩きましたが、
ずいぶん店が代わっていて驚きました。
わたしが20代のころ通っていた居酒屋が
なくなっていました。
posted by udagawa at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月22日

喪中葉書

この時期になると、
喪中葉書が増えてきます。
今週は連日届きます。
同世代は親を亡くす人も増えてきます。
以前歌集を刊行した方が、
御主人を亡くされていたことを葉書で知りました。
打ち合わせにお宅に伺ったとき、
一度お会いしたことを思い出しました。

そろそろ年賀状の準備もしなくてはなりません。
自宅の住所での年賀状(これは家族連名)、
そして六花書林での年賀状。
また年末に焦りながら書くのかもしれません。

  *

週末、疲労はピーク。
朝はなかなか起きられません。
とはいえ明日の祝日も出勤予定。
日曜日はのんびりしたし…、
ただ家族で上野へ展覧会を観に行く予定。
家に籠るよりは気分転換になります。
posted by udagawa at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月18日

4日ぶり

4日ぶりの更新。
某社から急な依頼があり、
それに対応すべく休日返上。
といっても、
土曜日の午前中は子どもの展覧会を観に行き、
日曜日は朝早く子どもの地域のドッジボール大会観戦。
決して仕事一辺倒ではありません。
終わって仕事場に行き、
静かな中をひたすらデスクワーク。
合間にボランティアの雑誌編集。
アルコール控えめな日日です。
締切が近づいている仕事があり、
少々焦りますが、
焦っても仕方ありません。

今週中、新刊1点出来の予定。
そろそろ年内刊行の書籍が確定。
すでに来年刊行書籍も動き始めています。
posted by udagawa at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月14日

きょうは

個人的なことですが、
(このブログには個人的なことばかりなのですが…)
今日はわたしの誕生日です。
誕生日なので、
仕事は持ち帰りにして、
早めに切り上げます。
駅でケーキを買って帰ります。
この年齢になると、
誕生日といってもさほど感慨はありませんが、
それでもささやかに祝ってもらいます。
posted by udagawa at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月31日

はしご酒

昨夜は打ち合わせが終了したのは、
20時近く。
そのまま解散するわけはなく、
仕事場近くで一献。
大塚に仕事場を構えて9年目、
新しい店も増え、
すっかり行かなくなった店もあります。
昨夜はまず三平へ、
常連には程遠いですが時折行く居酒屋。
それほど値段も高くなく、
どの料理も美味。
吉田類が取材に来たこともあるそうです。
結局一軒では呑み足りず、
天祖神社前の一休庵へ。
わたしが唯一ボトルキープしている店。
こちらも常連には程遠いのですが、
期限が切れてもボトルを残しておいてくれます。
軽く呑んでようやく解散。

  *

今日はこれから都心で仕事です。
夜は地元の歌話会に出席予定。
posted by udagawa at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月28日

週末メモ

週末のメモです。

土曜日は午後から中野サンプラザへ。
NHK学園の講師打ち合わせ会に出席。
北は北海道、南は福岡、
監修の岡井隆さんほか70名以上が出席。
3時間近くびっしり講習(!)を受け、
そのあと懇親会。
初対面の方も多く名刺交換など。
このブログを見ているというTさんとも再会。
学園の方と自費出版の現状について意見交換。
そのあと有志で2次会。
ここでも初対面の方も多く名刺交換。
普段なかなかお目にかからない方が多く、
有意義なひとときでした。
近所にお住まいのTさんと帰宅。

日曜日は朝から近所のお祭りへ。
二千世帯の集合住宅で秋に開催される秋祭りです。
某結社主宰のMさんがお住まい。
ちなみに夏は盆踊りです。
家人は小学生マラソン大会の手伝いにかりだされたので、
子どもと出店とフリーマーケットを回りました。
たびたび子どもの友だちおよび御両親にすれちがい、
ひたすら御挨拶。
前日と違う緊張感。
途中白山での所用で抜け、
終わると午後は家人と合流してお祭りのイベント観覧。
ジャズダンス、バンド演奏、チアリーディング、民謡えとせとら。
台風も過ぎ去った秋晴れの一日、
例年より多くの人でにぎわいました。
posted by udagawa at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月12日

オープン

駅ビル「アトレヴィ大塚」は、
本日オープン。
朝8時20分、駅に到着すると、
既にかなりの賑わい。
先着プレゼントなどもあったようです。
空き時間に覗いてこようと思ったのですが、
まったく余裕がない一日。
結局この時間になっても行けず。
明日に持ち越しです。

  *

9月は3連休が多いのですが、
さてどうしたものか。
3日は休めなくとも、
何とか連休は確保したいものです。
posted by udagawa at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月11日

『古本屋開業入門』

喜多村拓『古本屋開業入門』(燃焼社)を読了。
著者は青森市の古書店主。
開業のノウハウが公開されていますが、
まえがきにあるように、
まさに「思い立ったが凶日」という感想。
周囲に古書店を開業した方が現われ、
古書店主やコレクターとも知り合うようになりましたが、
なかなかたいへんな業界であることが分かりました。
どの業種でも同じでしょうが…。

  *

昨夜遅くまで仕事をしたので、
今日はいくらかゆるやか。
校正刷と向き合ったり、
催促されている短い原稿を書き上げたり…。
ほか見積書1通作成。
今夜は神田の印刷所で所用。
神田へは毎月行きますが、
居酒屋に行くことはほとんどありません。
posted by udagawa at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月09日

東京大仏

昨日の日曜日、
家族で板橋区立美術館へ。
「狩野派SAIKO!」なる展示を観ました。
驚いたことに無料。
それほど大きくない美術館ですが、
のんびりと時間を過ごしました。
帰りがけに地図を見たら、
東京大仏が近くにあることを知り、
急遽足を伸ばしてみました。
存在は以前から知っていましたが、
駅から遠いこともあって、
なかなか行く機会がありませんでした。
昨日は小雨が降っていたこともあって、
周囲は人少なし、
観光客と呼べる人も見当たらず、
あえて言うならば私たちが観光客かもしれません。
なかなかの大きさで満足しました。

  *

月曜日、
週明けなのでそれなりに慌ただしくしています。
メール、電話が普段より多し。
順番に対応。

現在、福島泰樹『もっと電車よ、まじめに走れ』(角川学芸出版)
を熟読中。
氏の短歌絶叫コンサートは、
しばらく御無沙汰ですが、
「六月の雨」を私はかなりの好きなのです。

posted by udagawa at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月31日

山手線遅延

昨日仕事を切り上げ、
大塚駅に着くと、
駒込駅のホームドア故障で、
電車が止まっていたところでした。
直ぐに直ると思って待っていたのですが、
直る気配なし。
30分待ったものの結局あきらめて、
巣鴨駅まで歩きました。
歩いたといっても十数分。
暑いので一駅歩くのをやめていましたが、
しばらくぶりのウオーキング。
結局運転再開は1時間経ってから。

  *

土曜日ですが普段通りの出勤。
ある荷物が午前中届くはずなのですが、
いまだ届かず。
先方は今日休みなので問い合わせもできず。
ひたすら待つのみ。
posted by udagawa at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月24日

週末出勤

お盆明け、
ようやく規則正しい生活。
6時20分起床、7時45分自宅発、8時30分仕事場着。
土曜日の今日は、
8時15分まで「あまちゃん」を観て自宅発。
ちなみに7時半からBSでも観ています。

出社して、
まずは刷り増しした封筒と名刺を受け取ってきました。
名刺は9年前からデザインも何も変わっていません。
肩書くらい入れたほうが良い、
というアドバイスもいただきますが…。

  *

新海均『カッパ・ブックスの時代』(河出ブックス)
を読了。
光文社という出版社の盛衰。
『リストラなう』もこの出版社が舞台でした。
ただわたしはこれまで、
意外と光文社の本と接することは、
それほど多くなかったような。
とはいえ、
推理小説を読み始めたのは、
赤川次郎、西村京太郎などのカッパ・ノベルズでした。
ちなみに現在、
週に数回、自転車で光文社の前を通ります。
posted by udagawa at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月23日

夕立

夕立というべきか、
ゲリラ豪雨というべきか、
8月に入り東京は突然の雨に悩まされています。
今日も夕方になって激しい雨。
しばらくすると止みましたが…。
この時期、折り畳み傘は必需品です。

  *

明日から各地で
短歌結社の夏の大会が開催されるようです。
わたしは午後「ナイル」のシンポジウムを観て、
夜は「朔日」20周年記念祝賀会に出席予定。

「朔日」10周年記念祝賀会は、
たしか大森で開催された記憶があります。
10年前、
まだ会社員だったわたしは出席しました。
記念に文鎮を頂いたのでした。
そのガラスの文鎮をいまでも使っています。
posted by udagawa at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月22日

夏バテ

季節は既に秋なのですが、
やはり夏バテと書きたくなります。
お盆前後、少々張り切り過ぎたのか、
今日は作業が滞りがち。
少々ばてております。
周囲にも熱中症になった人おり。
仕事が手につかないので本を読んでいます。

この夏は仕事関係以外の本を濫読。
小説、ノンフィクション、エッセイ、実用書…、
買うとキリがないので、
図書館でまとめて借りたりします。
現在、蔵前仁一『あの日、僕は旅に出た』(幻冬舎)
を読んでいます。
残り半分。
海外旅行…、長いことしていないな、
と思いつつ読んでいます。
posted by udagawa at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月20日

「本の雑誌」9月号

「本の雑誌」9月号を遅ればせながら購入。
お盆前に出ていたようですが、
まったく気づきませんでした。

特集は「いま校正・校閲はどうなっておるのか!」。
「おるのか!」と言われても困りますが、
30ページ近くの特集を興味深く読みました。
頷いたり、笑ったり、絶句したり…。

わたしも校正が生活の糧の一部になっていますが、
これまでほとんど手ほどきを受けたこともなく、
入門書を熟読したこともなく、
実践あるのみ! でここまで来てしまいました。
校正検定の資格もありません。
時折他所の校正を手伝うこともありますが、
いまだに校正力があるのかどうか分からぬまま、
何とか過ごしています。
今までもずいぶん誤植を出してきましたし、
この先も誤植を出すのでしょうが、
丁寧に今後も校正したいものです、
と決意新たに。

今日は歌集の校正。
短歌は一文字違っただけで、
意味が変わってしまいますので、
慎重に慎重に。

いまでは活版印刷はほぼなくなり、
データ入稿が増えているので、
我が入門当初から変化してきた校正事情です。
posted by udagawa at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月17日

新宮行

13日から4日間、
新宮へ行ってきました。
夏の恒例行事のようなものです。
到着した夜は、
新宮の花火大会。
東京に比べれば規模は小さいものの、
遮るもののない川辺での花火観覧は、
素晴しいものでした。
三重県熊野市の鬼ヶ城に行ったり、
青岸渡寺での佐太郎の歌碑を8年半ぶりで見たり、
速玉退社でお参りしたりなど、
観光もそれなりにして、
熊野の濃密な時間を過ごしてきました。
仕事を持っていたものの、
結局見ることはせず…。
差し入れの伊勢海老を食べ、
牛肉、鮪をたらふく食べたら、
さすがに体重増加。
昨夜帰京。
近所の居酒屋でひとり打ち上げ。
posted by udagawa at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月12日

句会

先週末、
新宿での第3回「右足句会」に出席。
句会に出ることはほとんどなくなったのですが、
右足句会には皆勤賞。
参加者は短歌を書く人たち。
俳句結社に所属している人もいますが、
基本は歌人の句会です。
(わたしが歌人かどうか分かりませんが…)
お盆前なので普段より出席者少なめの8人。
居酒屋での句会なので、
呑みながらの批評です。
麦酒、ホッピー、モヒート。
ホッピー初体験が数人、
そしてモヒートが大人気。
18時に始まって閉店の23時まで。
わが句は珍しく高点になり、
気分よく帰宅。
posted by udagawa at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月08日

歌集棚

『本屋図鑑』(夏葉社)を読んでいたら、
〈歌集棚〉として京都の三月書房が紹介されていました。
得地直美さんの歌集が並ぶ棚のイラストに注目。
本の背を見ていくと上段に斎藤史、安永蕗子、森岡貞香…、
中段に塚本邦雄、加藤治郎、梅内美華子…、
下段には前登志夫、竹山広の本が…。
しかしいくら見ても、
六花書林の本はありません。
置いてあるはずなのにありません。
それが少々残念。

この本は北は利尻島から南は石垣島まで、
全国のユニークな書店を紹介。
本屋好き必読の一冊です。
イラストを見ているだけで飽きません。

それにしても大塚の書店で、
夏葉社の本が平積みになっているのには驚きました。
山下書店、やるじゃない! という感じ。
posted by udagawa at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記