2012年08月21日

訃報

古島哲朗さんの訃報が届きました。
8月19日逝去、享年86。
第3歌集『東雲抄』は、
小社でいちばん最初に出来上がった書籍でした。
「あとがき」を読み直していたら、
「盟友石田比呂志」「青柳守音君」とあり、
感慨深くなりました。
この歌集は石田さんが選歌を、
青柳さんが校正を手伝ってくださいました。
青柳さん、石田さん、相次いで亡くなり、
そして古島さん…。

小社が何とか出発することができたのは、
古島さんのおかげとも言えます。

3冊目の散文集『短歌寸描』も小社からの刊行。
出来上がる直前に青柳さんの訃報が届いたのですが、
入院中に古島さんにお伝えすることがどうしても出来ず、
お弟子さんに伝言を頼んだのでした。

本日、愛知県知多郡での御通夜に参列予定。
posted by udagawa at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告

2012年04月02日

日本短歌協会賞

第4回日本短歌協会賞に、
久保芳美歌集『金襴緞子』が選ばれました。
受賞式は、
6月2日、シーサイドホテル芝弥生で開催されます。
久保さん、おめでとうございます。


『金襴緞子』は好評発売中。
メール、電話などで申し込み頂ければ、
郵便振替用紙同封のうえ送付いたします。
posted by udagawa at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告

2011年12月29日

第2回中日短歌大賞

第2回中日短歌大賞に、
鈴木竹志著『孤独なる歌人たち』が選ばれました。
鈴木さん、おめでとうございます。

昨年新設された賞で、
第1回の受賞は島田修三歌集『蓬歳断想録』です。

『孤独なる歌人たち』は絶賛発売中です。
ただ在庫は少なくなってきました。
メール、電話などで申し込み頂ければ、
郵便振替用紙同封のうえ送付いたします。

  *

年内の営業は本日まで。
駆け込みで請求したり、支払をしたり、
と忙しく過ごしました。
まだ終わりません。
年明けは1月5日から営業します。
結局、宿題をいくつか持ち帰ることになりました。
posted by udagawa at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告

2011年04月12日

第9回日本歌人クラブ評論賞

第9回日本歌人クラブ評論賞に、
松村正直著『短歌は記憶する』が選ばれました。
同時受賞は品田悦一『斎藤茂吉』。
贈呈式は、
5月21日明治神宮参集殿。

『短歌は記憶する』は絶賛発売中です。
メール、電話などで申し込み頂ければ、
郵便振替用紙同封のうえ送付いたします。
posted by udagawa at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告

2011年03月24日

埼玉県歌人会新人賞

佐々木通代歌集『蜜蜂の箱』が、
埼玉県歌人会新人賞に選ばれました。
受賞式は4月16日、さいたま文学館にて。
佐々木さん、おめでとうございます。
震災で心が沈みがちの日々でしたが、
久しぶりに明るいニュースでした。

  *

社内リニューアルを予定していましたが、
震災のため計画一時休止。
新しい本棚には、
いまだ1冊も並んでいません。
実行は4月に入ってからになりそう。
posted by udagawa at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告

2011年02月24日

福岡市文学賞

一昨年末刊行した
取違克子歌集『ゆかりのいろの』が、
第41回福岡市文学賞に選ばれました。
贈呈式は3月5日、福岡アジア美術館にて。
取違さん、おめでとうございます。

  *

近々仕事場に本棚を設置予定。
とりあえず収納が増えますが、
気を緩めると直ぐにいっぱいになりそう。
ただ、どんな棚にするか未定です。
posted by udagawa at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告

2010年08月03日

あるきだす言葉たち

本日の朝日新聞夕刊の
〈あるきだす言葉たち〉の欄に
作品8首を発表しました。
しずかにですが、
創作活動は続けています。

  *

石川美南さんのHPの〈ともだちのわ〉で、
わたしの句(五七五)から
バトンを受けた枡野浩一さんが
句(七七)を発表しています。
わたしは真中朋久さんからバトンを受けたのでした。
さて次はどなたでしょう。

http://www.yaginoki.com/tanka/index.html
posted by udagawa at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告

2010年04月27日

お詫び

先日発行の松木秀歌集『RERA』において、
村上きわみ氏のサイト「gedo日記」の記事より、
引用の範囲を越える類似をなした短歌が13首あり、
それが作品としての独自性に欠け、
権利を侵害していると判断したため、
13首を削除、
整合性をとるため加えて2首を削除して
改訂版を刊行することになりました。
既に購入した方々には
改めて改訂版をお送りいたします。
書店で購入した方は、
お手数ですが、メールもしくは電話でお知らせください。

改訂版は5月10日前後に出来上がる予定です。
御迷惑をおかけしまして、
申し訳ありません。
posted by udagawa at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告

2010年03月25日

第2回日本短歌協会賞

第2回日本短歌協会賞次席に、
村田馨歌集『疾風の囁き』が選ばれました。
正賞は該当作なしとのこと。

授賞式は4月3日、
港区のシーサイドホテル芝弥生にて。
posted by udagawa at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告