2018年05月28日

5月26日、土曜日、日本歌人クラブ授賞式

土曜日、
5時40分起床、7時半出社。
前日いささか吞み過ぎてしまい、
さすがに朝はきつし。
11時半まで校正作業。

そのあと明治神宮での日本歌人クラブの定期総会に出席。
会場で本を販売させていただきました。
出足好調だったもののそのあと苦戦。
日本歌人クラブ各賞の授賞式、
講演は冷泉為人氏。

懇親会に出席。
なかなかお会いできない方々にご挨拶。
新人賞受賞の佐藤モニカさんとお会いしたのは、
15年振りくらいでしょうか。

日本歌人クラブ.jpg
posted by udagawa at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2018年02月06日

イベント告知、下北沢B&B

日曜日の昼前にお声がかかり、
その日の夜に急遽開催決定。
そして月曜日の夜に詳細告知。

木曜日に下北沢B&Bでのイベントに出演します。

http://bookandbeer.com/event/20180308/

ご都合つきましたら、是非お越し下さい。
1年前ならば断りましたが、
1年前とは少々違うので…。
何事もご縁と前向き。

本多さんとは先週の土曜日にお会いしましたが、
枡野さんとはいつ以来なのか。
かなり久しぶり。

イベントなどで人前で話すのは、
2年前の真田幸治さんとの対談以来。
話すのは苦手なので、
当日の話の流れは枡野さんと本多さんにお任せの予定。
ただ枡野さんはすっかり忘れているでしょうが、
20年ほど前に枡野さんの出版記念イベントのお相手をしたことがあります。
たしか新宿のロフトプラスワン。
何を話したのか…。
posted by udagawa at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2018年01月31日

板橋歌話会、

火曜日、板橋歌話会に出席。
といっても開始時間に間に合わず、
1時間ほど遅刻しての参加。
普段より5割ほど多い出席者、
満員盛況でした。
前半の藤島秀憲さんによる恩田英明『葭莩歌集』のレポートは、
残念ながら聞けず、
出席者の意見から拝聴。
後半は松坂弘さんんいよる奥村晃作『八十の夏』のレポート。
さすがに長年の盟友だけあって懇切丁寧な批評でした。
年齢を詠った作品に注目したのは、
奥村さんと同世代からでしょうか。
意見を求められ、少しだけ制作過程でのエピソードなど。
終わって駅前の居酒屋にて14人ほどでの懇親会。
1時間強で解散。
帰りの方向が一緒のK野さん、A野くんとバス。
23時前には帰宅。
posted by udagawa at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2018年01月24日

火曜日、俳句・短歌賀詞交換会

火曜日は夕方まで働き、
大手町のパレスホテルへ。
角川短歌賞の授賞式には間に合わず、
そのあとの俳句・短歌賀詞交換会なるパーティーに出席。
それほど積極的に動き回ったわけではないものの、
周囲の方々と楽しく懇談。
出口で俳人のY本さんと十数年ぶりに再会。
会社員時代によく通った店のマスターで、
現在は俳誌「山河」の代表。
「太ったナ」と言われてしまいました。
そのあと受賞者の睦月都さんをお祝いする会に、
飛び込みで出席。
わたしは出席者の平均年齢より上でした。
少しずつそういう会が増えてくるでしょう。
最後手前までいて、
帰りの方向が一緒のMさんと帰りました。
23時半に帰宅。
角川短歌賞.jpg
posted by udagawa at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2018年01月22日

土曜日、NHK全国短歌大会、

20日土曜日、
NHKホールでのNHK全国短歌大会で書籍販売をしました。
9時半に到着、11時開場。
例年1200名くらいの入場者。
ロビーで本を売りました。
隣は三省堂、青磁社。
空き時間が多く、
その時間は他社との情報交換という名の世間話。
思いのほかじっくり話せました。

肝心な売り上げは例年より苦戦。
ただ休憩時間にY内さんが手伝ってくれたら、
少しだけ売れました。
反省点多し。
来年に生かしたいものです。

終わって1時間ほどの懇親会。
選者の方々と少しだけ懇談。
そのあと某選者ほかと移動。
ハシゴ酒、
麦酒、日本酒、ワイン、麦酒、かなり飲み酔っ払う…。
そして1人は関西へ帰れなくなり、
わたしは散財、売り上げが…。

NHK 3.jpgNHK 1.jpg
posted by udagawa at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2017年10月30日

記念会、記念会、授賞式

金曜日、学士会館にて、
井上孝太郎歌集『サバンナを恋ふ』(砂子屋書房)、
岩崎堯子歌集『晩夏の海』(六花書林)、
田上起一郎歌集『九年坂』(六花書林)
の合同出版記念会。
版元として出席。
60名ほどの会。
終って一度仕事場に戻ることになってしまいました。

土曜日、旭川にて、
柊明日香歌集『そして、春』出版記念会に出席。
40名ほどの会。
交流があったものの初めてお会いする方が多し。
名刺がかなり減りました。
そして、よく食べ、よく飲みました。

日曜日、西勝洋一さん、柊さんのご案内で市内観光。
三浦綾子記念文学館で館長の田中綾さんに思いがけずお会いすることができました。
西川徹郎文學館では西川さんに初めてお会いして歓談。
10月はじめての休暇はなかなか充実しました。
東京は天気が大荒れだったそうで、
帰りの飛行機はとにかく揺れました。

月曜日、中野サンプラザにて、
日本歌人クラブ東京ブロック大会。
ブロック優良歌集3冊のうち、
水島和夫歌集『田端日記抄』が選出。
授賞式は出席が叶わず、
懇親会で水島さんにお祝いを申し上げました。
2次会は失礼して仕事場に舞い戻りました。

これで10月の会合ラッシュも終了。
また明日から気分を一新して仕事に勤しみます!

IMG_1319.JPG
posted by udagawa at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2017年06月19日

『祭囃子の音』を読む会

日曜日、雨の信濃町。
夕方からの東医健保会館での、
野澤民子歌集『祭囃子の音』を読む会に出席。
35名ほどの会。
ゲストに外塚喬、小林幸子、佐波洋子、今井恵子の各氏。
おだやかながら活発な意見交換がなされました。
会の最後に少々早口で挨拶、
そして花束を渡しました。
ちなみに一応レジュメを作っていきました。
懇親会は駅前の寿司屋。
Kさんと久しぶりにお会いしました。
初めてお会いしたのは、
わたしが24歳のときだったよう。
懇親会の最後にも挨拶。
既に酔っていたので支離滅裂…、嗚呼。

会.JPG
posted by udagawa at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2017年06月05日

ある出版記念会

土曜日午前中いっぱいで仕事を切り上げ、
赤羽会館で出版記念会。
主催は板橋のコールサック社。
3人の著者のうち、
原さんとは20年ぶりくらいの再会。
会場は知り合い少なし。
詩人が多かったようです。
休憩時間に一階上の赤羽図書館をのぞきました。
高校生のとき以来かもしれません。
通常の短歌の批評会や出版記念会と
いくぶん異なる進行が新鮮でした。

懇親会場までの道案内は方向音痴のわたしが務めました。
さすがに生まれ育った街なので地図を見ただけで分かります。
50人近くいたような…。
いちばん端の席でY田さんに注がれるまま飲んでしまいました。

最後はOK横丁の八起。チャーメン旨し。
バスで帰宅。



コールサック社.JPG

チャーメン.JPG
posted by udagawa at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2017年05月28日

日本歌人クラブ定期総会

昨日は11時過ぎに仕事を切り上げて、
明治神宮へ。
日本歌人クラブ定期総会の会場で
小社刊行の書籍を売らせていただく、
雑誌や新聞を出しているわけでもないのに、
お声をかけていただいたので、
せっかくなので今回も出店させていただきました。
1月のNHKホールとは明らかに雰囲気が異なります。
会の始まる前、休憩時間、終わってから、
本を売りました。
やや苦戦。
それでも本を売ることで見えなかったことが見えたような…。
お買い上げ頂いた方々に深く感謝するのみ。
写真は佐々木幹郎さんの講演を売り場から撮影。

総会.JPG
posted by udagawa at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2017年04月24日

日本短歌雑誌連盟春季定期総会

昨日、23日日曜日の午後は、
中野サンプラザでの日本短歌雑誌連盟の
春季定期総会に出席。
会員というわけではありません。
難波一義さんが第6回雑誌・評論賞を受賞、
そのお祝いに駆けつけました。
小社刊の『ホレーシォの孤独 小野茂樹論』が
受賞の主な理由です。
12時半から定期総会、表彰式、
藤原龍一郎さんの講演「現代短歌の諸相」も聴きました。
懇親会終了は17時半の長丁場。

終わって某同業者と軽く一献のつもりが、
4時間強飲み続けました。
少々飲み過ぎです。

写真は新理事長の林田恒浩さんと受賞の難波さん。

難波さん.JPG


posted by udagawa at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2017年03月13日

『外側の声』を読む会

12日日曜日、
午前10時から新宿西口のルノアールにて
高石万千子歌集『外側の声』を読む会に出席。
「未来」レビューの会が主催で、
少人数の会でした。
ゲストは江田浩司さん。
著者の高石さんとは初めてお会いしましたが、
高い教養をもち、好奇心旺盛な方でした。
著者をまじえてフランクな進行。
最後に記念写真を撮影して12時解散。
そしてわたしは大宮へ。
posted by udagawa at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2017年02月11日

歌壇賞授賞式

昨日は早めに切り上げアルカディア市ヶ谷へ。
歌壇賞の授賞式に出席。
第28回歌壇賞は大平千賀さんと佐佐木頼綱さんが受賞。
おふたりとも少なからず御縁があります。
佐佐木さんはN社にわたしと入れ替わりに入社しています。
大平さんの受賞スピーチにわたしの名前が出てきて、
大いに驚き感激しました。
会場内でわたしの株が急上昇して、
わたしまで祝福を受けてしまいました。
恐縮です。

仕事枠での出席なので、
いくらか積極的に多くの人と名刺交換。
某社の次期社長を紹介される。
福引きのとき、
夏井いつきさんが壇上にいたそう、気づかず残念。

2次会は上海ブギ。
日付が変わらない時間に帰宅。
posted by udagawa at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2016年12月18日

『花片』批評会

昨日は「心の花」名古屋歌会主催の
細溝洋子歌集『花片』批評会に出席。
会場は名古屋市短歌会館。
初めて行きましたが、
歴史を感じさせる建物でした。
出席者二十数名。
各自が5首選をもとに批評、
皆さん丁寧に読み込んでおり、
版元としても嬉しいことでした。
著者の謝辞の前に少し長めのご挨拶。
最後に記念撮影をして閉会。

懇親会では海老フライなどをいただきながら、
久しぶりに「心の花」の方々と語らいました。

23時過ぎに帰宅。

短歌会館.JPG
posted by udagawa at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2016年11月30日

第3回佐藤佐太郎短歌賞授賞式

昨夜は仕事を早めに切り上げ中野サンプラザへ。
第3回佐藤佐太郎短歌賞・第4回現代短歌社賞の授賞式に出席。
佐藤佐太郎短歌賞は、
小社刊行の大辻隆弘『近代短歌の範型』が受賞。
会場で幾人にも「おめでとう」と言われて喜ぶ。
あらためて、大辻さん、おめでとうございます。
授賞式の後は、
松村正直さんの講演「佐藤佐太郎の火山の歌」もあって
なかなか充実のプログラム。
乾杯は20時過ぎ。
初対面の方多し、珍しく名刺が減りました。

2次会で20年ほど前に一度お会いしたことのあるS木さんと再会。
たしか「豆の木」初期の月例会でお会いしたのですが、
当時のわたしは尖っていた(!)らしい。
まあ痩せていましたし…。
いつのまにやらS木さんは大辻さんのお弟子さんになっていました。
2次会の途中で切り上げるも帰宅は午前零時過ぎ。

2時近くに就寝、今朝は6時15分起床。
8時半には仕事場到着。
なせばなる。
佐藤佐太郎短歌賞.jpg

posted by udagawa at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2016年10月27日

板橋歌話会

昨日26日は、
18時から成増アクトホールでの板橋歌話会の例会に出席。
わたしは天野匠歌集『逃走の猿』のレポートを担当。
30分近く作品に添って話しました。
久しぶりの参加(たぶん7年ぶり)の桑原正紀さんや
恩田英明さん、松坂弘さんなどからご意見をいただきました。
そのあと風間博夫さんが田谷鋭作品についてのレポート。
懇親会は駅前の居酒屋。
店は水曜日なのになぜか大賑わいでした。
13名の参加。
奥村さんの発声で乾杯、1時間ほど呑んで解散。
帰路は同じ方向の天野さん、I井さんとバス。
posted by udagawa at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2016年07月26日

板橋歌話会

昨夜、成増アクトホールでの板橋歌話会に出席。
風間博夫さんが「田谷鋭作品を読む」というレポート。
60歳以後の歌集未収録作品は、
先日刊行の『田谷鋭全歌集』にすべて収録されましたが、
60歳までの作品を中心にやや駆け足で1時間ほど。
最近、田谷さんの作品を読むとしみじみとします。
わたしが何度かお会いしたのは、
田谷さんが80歳前後。
穏やかな先生で、
スーツにナップザックを背負って、
そしていつも白いスニーカーでした。

そのあと、大坂泰さんの講話。
茂吉や文明、佐太郎との出会いのエピソードなど。
大坂さんは95歳。
今でも身の回りのことはすべて自分でこなすとか。
そのうえ主宰する「樹林」を毎月自ら編集。
最近のことはすぐ忘れても
昔のことはいつまでも覚えているそうで、
その記憶力に脱帽します。

会の後、9人ばかりで懇親会。
何故かI川さん、A野くんと地元の飲み屋の話題。
1時間ほどで解散。
バスで帰ったら停留所を間違え、
夜の街を十数分さまよってしまいました。
posted by udagawa at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2016年06月27日

『未明の窓』を読む会

土曜日、名古屋へ。
広坂早苗歌集『未明の窓』を読む会に出席。
「まひる野」の若い会員が多く、
なかなか華やいでおりました。
パネリスト4名、
議論も充実、そして濃密。
会の終わりに版元として一言述べさせていただきました。

懇親会は賑やか。
一度座ってしまったらなかなか動けず、
それほど交遊することもできず…。
そのあと二次会では一部で歌壇の聖地を言われる店に。
雨が降っていて、更に酔っぱらってのシャッター。

平和園.jpg

若手3名合流。
うちふたりは角川短歌賞の受賞者でした。
名刺交換して、以後ひたすら呑む。
三次会は遠慮して一泊。

「竹の子日記」に会の詳細が書かれています。
リンクは貼りませんが…。

以下の写真は懇親会での一枚、そして早朝の名古屋駅付近。

広坂歌集.jpg名古屋.jpg




posted by udagawa at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2016年06月23日

迢空賞授賞式

昨日は飯田橋のホテルメトロポリタンでの
迢空賞の授賞式に出席。
受賞は大島史洋歌集『ふくろう』。
大島さんに初めてお会いしたのは、
わたしが22歳のときでした。
歌集『四隣』を出す少し前でしょうか。
パーティ、そして二次会も参加。
盛会でした。
大島さんに直接お祝いを申し上げることもできました。
結局最後まで残り、
タクシーで帰られる大島さんを見送ってのち帰宅。

今朝は6時20分、起床。
さすがに午前中は身体がだるく、
昼過ぎになってようやく本調子に。
posted by udagawa at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2016年06月09日

出版記念会

8日、学士会館にて
斎藤寛『アルゴン』、藤田初枝『髪を切りにゆく』、春野りりん『ここからが空』
の合同出版記念会に出席。
最初の2冊の版元です。
ゲスト、それぞれ3名が歌集を批評。
スピーチの人数は比較的少なめ。
学士会館での中華のコースは初めてだったかもしれません。
2時間半ほどの充実した時間でした。

終わって神保町駅近くの居酒屋での2次会も盛会。
23時近くまで居て、
帰宅は23時半過ぎ。

スタンド花.jpg

posted by udagawa at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2016年05月30日

日本歌人クラブ総会

土曜日は明治神宮での
日本歌人クラブ総会会場で
5年ぶりに書籍販売をさせていただきました。
久しぶりだったので事前に他社にリサーチ。
飛ぶように売れたわけではありませんが、
出店した甲斐はあったようです。

総会、日本歌人クラブ各賞の贈呈式のあとは、
永田和宏さんの講演を御子息(!)の隣で、
会場の最後方から拝聴しました。

十数年ぶりにお会いする方、
また和歌山、愛媛、福岡、熊本の方々と名刺交換。
同業の方々と情報交換のような世間話。
懇親会、2次会、3次会と流れ、
最後は年下のふたりと。
終電間際に何とか帰宅。

会場.jpg明治神宮.jpg
posted by udagawa at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合