2017年04月18日

『荷揚げ待つ陰に』

大成金吾歌集『荷揚げ待つ陰に』を刊行しました。
 四六判上製カバー装 206ページ 非売品
 「短歌人」に所属する著者第1歌集。

跋をお書きになった紺野裕子さんのご紹介で、
刊行のお手伝いをさせていただきました。
原稿作成の段階で幾度もやりとりをして、
構成なども考えて刊行に辿り着きました。

長い中断がありましたが、
巻頭の作品は昭和36年、
大成さん20歳のときの作品です。

ホームページに書影を掲載しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2017年03月28日

非売品

舛田篤順歌集『人生回顧録』
を3月初めに刊行しました。
副題は「小坊主から医師に」。
85年の生涯を振り返る遺歌集で、
短歌とエッセイ、妻子の小文を収録しています。
ご遺族のご意向で非売品です。

すでに校了にして来月刊行の歌集も
著者のご意向で非売品。
小社では制作のみです。
以前は非売品はほとんどなかったのですが、
少し増える傾向があるかもしれません

非売品でもそうでなくても、
制作の関わり方は変わりません。
ただ遺歌集の場合、
作品に疑問点があっても直しにくいのが実情です。
posted by udagawa at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2017年03月14日

『葛原妙子と齋藤史』

寺島博子著『葛原妙子と齋藤史』を刊行しました。
 四六判上製カバー装
 244ページ 定価:本体2500円(税別)
 「朔日」に所属する著者第2評論集。

寺島さんと知り合ってずいぶん経ちましたが、
思いがけず評論集刊行のお手伝いをしました。
『朱霊』と『ひたくれなゐ』を中心に論じていますが、
雑誌連載ではなくなんと書き下ろしです。
5年ほどの時間をかけたとのこと。
まさに労作。
校正ではふたりの全歌集を広げて、
更に出来る限り原本にあたるようにしました。
新たなアプローチがあり、
今後多くの読者と出会えることを願っております。

ホームページに書影を掲載しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2017年01月27日

『外側の声』

高石万千子歌集『外側の声』を刊行しました。
 四六判並製カバー装
 128ページ 定価:本体1800円(税別)
 「未来」に所属する著者第3歌集。

装画は岡ア乾二郎さん。
岡アさんの絵をカバーに用いた歌集といえば、
今井恵子さんの歌集がそうだった記憶があります。
なお、岡アさんは序文も執筆しており、
高石さんとの関わりについて触れてくださっています。

ホームページに書影を掲載しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2016年10月11日

『花片』

細溝洋子歌集『花片』を刊行しました。
 四六判上製カバー装
 164ページ 定価:本体2400円(税別)
 「心の花」に所属する著者第2歌集。

細溝さんとはお会いしたのは今まで二度のみ。
最初が2年ほど前の名古屋での三島麻亜子『水庭』批評会。
二度目はしばらくあとに池袋の飲食店街でばったり。
わたしは家族と細溝さんは歌友とごいっしょでした。
ご縁あって歌集を作らせていただきました。
入稿前に意見を述べさせていただき、
より良い内容になるように力を入れた歌集です。
そういえば、「心の花」の方の歌集を作らせていただくのも、
二度目なのです。

ホームページに書影を掲載しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2016年10月08日

『筒井富栄全歌集』

『筒井富栄全歌集』を刊行しました。
 四六判並製カバー装
 468ページ 定価:本体3000円(税別)
 加藤克巳に師事、「個性」に所属した著者の全歌集。

ご子息の村田馨さんのご依頼により制作した一冊。
原稿をお預かりしたのは一昨年の暮れでした。
1年経ってもなかなかゴールが見えず、
版元としてかなり不安になりましたが、
22ヶ月ほどかかって何とか刊行できました。

全歌集では珍しく並製、
天をアンカット、スピンを入れました。
それによって製本がひと手間かかったようですが、
筒井さんの作品にふさわしい造本になったと思います。

ホームページに書影を掲載しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2016年09月08日

『ビビッと動く』

奥村晃作歌集『ビビッと動く』を刊行しました。
 四六判上製カバー装
 236ページ 定価:本体2500円(税別)
 「コスモス」に所属する著者第15歌集。

奥村さんはなんと今年80歳になられました。
その区切りとして編んだ歌集です。
ただ変わらずお元気。
フットワーク良く、
打ち合わせに何度もお越しいただきました。
多くのカルチャー教室でも指導を続けているようです。

ホームページに書影を掲載しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2016年09月06日

『同時代』

福井有紀歌集『同時代』を刊行しました。
 四六判並製カバー装
 154ページ 定価:本体2000円(税別)
 「短歌人」に所属する著者第4歌集。

福井さんの第2歌集をお手伝いしたことがあるのですが、
久しぶりに制作に関わりました。
帯なしの歌集は近年ではむしろ珍しくなっています。

更新が遅くなりましたが、
ホームページに書影を掲載しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2016年08月08日

『ゆき、泥の舟にふる』

阿部久美歌集『ゆき、泥の舟にふる』を刊行しました。
 四六判並製カバー装
 176ページ 定価:本体2000円(税別)
 「短歌人」に所属する著者第2歌集。

16年ぶりの第2歌集です。
1頁4首組。
第1歌集『弛緩そして緊張』(砂子屋書房)は2000年刊行でした。
2009年以降の作品はこのたびの第2歌集に収録されていないので、
第3歌集に向けて既に動き出しているようです。

ホームページに書影を掲載しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2016年07月19日

『うはの空』

西橋美保歌集『うはの空』を刊行しました。
 四六判上製カバー装
 198ページ 定価:本体2300円(税別)
 「短歌人」に所属する著者第2歌集。

17年ぶりの第2歌集です。
第1歌集『漂砂鉱床』(砂子屋書房)は1999年刊行でした。
第2歌集刊行というお話をいただいてから、
それなりの時間が経ちましたが、
無事刊行できてホッとしております。

ホームページに書影を掲載しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2016年07月04日

『九年坂』

田上起一郎歌集『九年坂』を刊行しました。
 四六判上製カバー装
 208ページ 定価:本体2400円(税別)
 「短歌人」に所属する著者第1歌集。

以前から面識はありましたが、
これまでは挨拶を交わす程度でした。
歌集制作期間にお会いする機会が多く、
かなりじっくりと話し合うことが出来ました。
お互い納得の出来栄えです。
田上さんは両親と同世代ですが、
まだ仕事も現役、
とにかくフットワークの良い方でした。
ホームページに書影を掲載しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2016年05月20日

『田端日記抄』

水島和夫歌集『田端日記抄』を刊行しました。
 四六判上製カバー装
 164ページ 定価:本体2200円(税別)
 「短歌人」に所属する著者第3歌集。

長い歌歴を持つ著者、20年ぶりの歌集です。
葛原妙子にもお会いしたことがあるとか。
打ち合わせのとき、
第2歌集『悲しき天使』の20人ほどの批評会に
出席したことを不意に思い出しました。
足立区小台在住なので、
小社にお越しの際は、
いつも都電荒川線に乗っていらっしゃいます。

ホームページに書影を掲載しています。
『呑気な猫』も更新済です。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2016年05月17日

『呑気な猫』

さとうひろこ歌集『呑気な猫』を刊行しました。
 四六判並製カバー装
 176ページ 定価:本体2000円(税別)
 著者は「短歌人」会員。

著者は熊本市在住。
校了して1週間も経たないうちに地震が発生。
いまだ元の生活に戻ることが出来ません。
今回挨拶状を入れてそれぞれに発送しましたが、
熊本在住の方々には日をおいて発送する予定です。
posted by udagawa at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2016年05月01日

『ホレーシォの孤独 小野茂樹論』

難波一義著『ホレーシォの孤独 小野茂樹論』を刊行しました。
 四六判上製カバー装
 182ページ 定価:本体2300円(税別)
 著者は「笛」編集人。

ホームページに書影を掲載しています。
発行日の5月7日は小野茂樹の命日。
今年は46回目の命日です。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2016年04月12日

『バスを待つ』

牛尾誠三歌集『バスを待つ』を刊行しました。
 四六判上製カバー装
 246ページ 定価:本体2400円(税別)
 「短歌人」に所属する著者第1歌集。

ホームページに書影を掲載しています。
装画は著者の手によるもの。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2015年11月27日

十周年記念冊子

「六花書林十周年記念」の冊子を発行しました。

A5判56頁
寄稿:内山晶太、梅内美華子、大口玲子、大辻隆弘、
 大松達知、鈴木竹志、田中槐、内藤明、真中朋久、
 松村正直、三井ゆき、宮崎斗士、森本平、和田賢一
六花書林刊行書目(二〇〇五-二〇一五)
編集後記
 造本/真田幸治

非売品ですが入手を御希望する方は、
メールにてお申し込み下さい。
在庫がある限り、進呈いたします。

御寄稿文はどれも素晴らしくもありがたく…。
編集後記に少々書きましたが、
この方々の支えもあっての10年という思いしきり。
もちろんほかにも多くの方々に助けていただきました。

このところ立て込んでおり、贈呈分の発送もまだなのです。
何とか今月中には…。
posted by udagawa at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2015年11月25日

『瀬一誌全歌集 新装版』

『瀬一誌全歌集 新装版』を刊行しました。
 四六判上製カバー装
 480ページ 定価:本体3300円(税別)

2005年12月に刊行された全歌集は、
私家版で入手が困難でした。
すでに在庫もほぼないという話でしたので、
このたび小社で新装版を刊行しました。
A5判を四六判に変え、
組み方や構成も変えています。

瀬さんが亡くなって14年。
お会いしたことのない方々にも
読んでいただきたいと思います。
すでに一部書店で販売中。
注文数は予想よりずっと多いです。

ホームページに書影を掲載しています。
http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2015年10月28日

『未明の窓』

広坂早苗歌集『未明の窓』を刊行しました。
 四六判上製カバー装
 202ページ 定価:本体2400円(税別)
 「まひる野」に所属する著者第2歌集。

13年ぶりの第2歌集となります。
第1歌集『夏暁』は、
カバーの淡いオレンジと帯の真紅の対比が印象深く、
かつて繰り返し読んだ歌集でした。
このたび縁あって第2歌集を作らせて頂きました。
広坂さんは多忙な教育現場にいるので、
思いのほか刊行まで時間がかかりましたが、
充実した内容の一冊です。

ホームページに書影を掲載しています。
http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2015年10月19日

『近代短歌の範型』

大辻隆弘『近代短歌の範型』を刊行しました。
 四六判上製カバー装
 308ページ 定価:本体2700円(税別)
 「未来」選者の第3評論集。

小社から刊行の大辻さんの散文集は、
『岡井隆と初期未来』『時の基底』に続き3冊目。
年頭に編集を開始しましたが、
ようやく刊行に辿り着きました。

ホームページに書影とともに、
目次を掲載しています。
http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

2015年10月13日

『緑の記憶』

洞口千恵歌集『緑の記憶』を刊行しました。
 四六判並製カバー装
 144ページ 定価:本体1900円(税別)
 「短歌人」に所属する著者第1歌集。

第1歌集なのですが、
馬を題材にした400首のみを収録しています。
洞口さんは近年被災の歌などを発表していますが、
それ以前の作品のみです。
そこに強い意志を感じました。
ドラマティックな構成の一冊であり、
是非多くの方に読んでほしいと思います。

ホームページに書影を掲載しています。
http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊