2007年11月20日

新歌人群像 仙波龍英

本日発売の「NHK短歌」12月号の
「新歌人群像」で仙波龍英について書きました。
4頁ほどの、
作家論というより評伝の色合いが濃い文章です
以下の4枚の写真も掲載されています。
磯谷良行撮影のポートレート、
荒木経惟撮影のポストカード、
中学時代の家族との写真、
学生時代の友人たちとの写真。

この文章を書くにあたり、
御遺族の山下とみ子様に多くの御教示を受けました。
ありがとうございます。
この記事をきっかけに、
少しでも歌人仙波龍英に関心をもって頂ければ幸いです。

直接接した最後の世代として、
この2年ほど仙波さんに関わってきました。
執筆の機会を与えてくださった「NHK出版」編集部に
感謝いたします。

『仙波龍英歌集』は絶賛発売中です。
posted by udagawa at 14:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 紹介記事
この記事へのコメント
「新歌人群像」拝読しました。うまくまとまってますねえ。その時代の雰囲気と仙波さんの苦悩の一端を知ることができました。
「作品の毒に読者の多くは眉をひそめた」というところ、たしかに(私も含めて)そうだと思います。すごい人だったんですね。
Posted by おおまつ at 2007年11月22日 16:24
>おおまつ様
お読みいただきありがとうございます。
ほんとうに印象に残る人でした。
今ああいうタイプの人はいませんね。

たくさん注文が来るといいのですが…。
Posted by 六花書林 うだがわ at 2007年11月24日 10:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6977779

この記事へのトラックバック