2013年05月30日

書評

今日届いた「現代短歌新聞」6月号で、
さいかち真歌集『浅黄恋ふ』が書評されていました。
清水亞彦さんの執筆で、
さいかちさんの近影も。
清水さんの丁寧な読みがとても嬉しいです。
ありがとうございます。

『浅黄恋ふ』は、
先日の朝日歌壇欄でも紹介されていました。

  *

「短歌」5月号の〈歌集歌書を読む〉では、
斎川和平歌集『明日を塗る色』、寺島弘子歌集『しをりひも』、
6月号では、
荒垣章子歌集『虚空の振子』、大橋弘歌集『used』が取り上げられています。
すべて岩井謙一さんの執筆。

「短歌研究」5月号では、
『used』を依田仁美さん、
『明日を塗る色』を寺島博子さん、
『虚空の振子』を西之原一貴さん、
6月号では、
牧野芝草歌集『整流』を高島裕さんが書評してくださいました。

備忘録として記しておきます。
刊行した書籍が取り上げられるのは嬉しいことです。
posted by udagawa at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68609709

この記事へのトラックバック