2011年01月25日

「短歌」2月号

「短歌」2月号の〈歌集歌書を読む〉で、
『短歌寸描』が紹介されています。
小黒世茂さんの執筆。
「選歌においても一味違う」とあり、
版元としても嬉しく思いました。

  *

週末会合が続き、
アルコール浸りになっていました。
今日はかなりひどい頭痛あり。
疲労が蓄積しているのかもしれません。

そういえば、
週末はこのブログの少数の読者に会えました。
いつもお読みいただき、
ありがとうございます。
明るく、楽しい日々を記せたらと思っています。
posted by udagawa at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 紹介記事
この記事へのコメント
短歌人会の新年歌会で初めてご挨拶ができて、うれしく思いました。描いていたイメージは白皙の元祖・草食系のような感じだったのですが、意外にもワイルドで男っぽい方だったので吃驚しました。でもあれだけの激務に耐え、酒席をこなしているのだから、さもありなんです。会務でお忙しそうでほとんどお話しできなかったのは残念でした。このブログ、暗いとはちっとも思いません。楽しみに読ませていただいています。
Posted by 伊東一如 at 2011年01月26日 10:24
先日は初めてお会い出来て、
嬉しく思いました。
昔は痩せていたのです。
なんと52キロの時代もありました。
それが今では…。

このブログ、たびたび暗いと言われるのです。
もっと景気よく明るくしなくちゃ、
と励まされることもあります。
何はともあれ、
今後ともよろしくお願い申し上げます。
Posted by 六花書林 うだがわ at 2011年01月26日 17:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42902545

この記事へのトラックバック