2009年10月27日

「片山貞美先生 追悼集」

今日は片山貞美さんの御命日。
ちょうど1年前に亡くなられました。
わたしは片山さんの生前、
ほとんど御縁がありませんでした。
会で数度お見かけした程度。
会話を交わしたことも、
御挨拶したこともありません。
ただ数年前、
御宅の前を通ったことがあります。

わたしにとって片山貞美は、
歌人というよりも、
むしろ60年代後半の「短歌」編集者としての方が、
関心があります。

このたび、片山さんが講師をしていた
産経学園吉祥寺短歌・万葉教室の
受講生の方々が中心となり、
「片山貞美先生 追悼集」という小冊子を発行。
不思議な御縁があり、
その制作のお手伝いをしました。

20人の参加で、
ひとり見開き2頁の追悼文と追悼歌、
短冊と書簡の写真、
代表歌34首などで構成されています。
46頁。

非売品ですが、
入手希望の方はお問い合わせください。
posted by udagawa at 17:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 新刊
この記事へのコメント
片山氏の仕事に関心をもちました。可能であれば片山貞美氏の追悼文集を入手したいと存じます。

よろしくお願いします。

〒194−0041
町田市玉川学園4−20−36
村井紀
Posted by 村井紀 at 2010年02月22日 16:32
>村井さま
後ほどお手紙を差し上げますね。
Posted by 六花書林 うだがわ at 2010年02月23日 15:23
片山貞美様とは両親が縁があり、母森治子は吉祥寺にて先生から短歌の指導を受けておりました。可能ならば追悼集を見てみたいと思います。ご連絡頂ければ幸いです。森 高章
〒177-0051
練馬区関町北2-9-19
Posted by 森 高章 at 2020年03月16日 10:05
>森さま
はじめまして。
しばしお待ちください。
Posted by 六花書林 うだがわ at 2020年03月18日 09:00
宇田川 寛之様
この度は片山貞美先生追悼集をお送り頂きありがとうございました。他界した母森治子の追悼文が載っており懐かしく読まして頂きました。ありがとうございました。
森 高章
Posted by 森 高章 at 2020年03月22日 09:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33227334

この記事へのトラックバック