2022年05月10日

『時のパースペクティブ』

斉藤光悦歌集『時のパースペクティブ』を刊行しました。

 四六判並製カバー装
 192ページ 定価:本体2000円(税別)
 「熾」所属の著者、30年ぶりの第2歌集

斉藤さんと知り合ったのは、
わたしが学生時代で、
斉藤さんも30代になったばかりの頃。
ちなみに生まれて初めて出席した出版記念会は、
斉藤さんの第1歌集『群青の宙』の会でした。
たしか新宿のプチモンドが会場。
雁書館の冨士田元彦さんが、
「本阿弥書店から出したら本阿弥光悦になってしまったので、
 雁書館から出て本当に良かった」
という挨拶を覚えています。
内容に対する祝辞は全然覚えていないのに、
こういった言葉は意外と覚えているものです。
2次会がカラオケで、
現在それなりの立場の某氏が、
ノリノリ(!)で「六本木心中」を熱唱したことも覚えています。

長い間お会いする機会がなかったのですが、
コロナ禍前の本阿弥書店のパーティーで再会しました。
そんなご縁で歌集を作らせていただきました。

ホームページを更新しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189524352
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック