2019年05月13日

5月12日、日曜日、『実録・現代短歌史 現代短歌を評論する会』を読むつどい、

日曜日、
7時半起床、9時出社。
瀬一誌さんのご命日。
例年より思い出すのが遅かったのですが、
金曜日にお花をお送りいたしました。
お亡くなりになって18年です。
3時間ほど集中して仕事、
そのあと移動。
中野サンプラザでの、
『実録・現代短歌史 現代短歌を評論する会』を読むつどいに出席。
外塚喬さんの著書について、
そして今後の短歌批評について話し合いました。
パネリストは敬称略で、
寺島博子、富田睦子、小島なお、濱松哲朗、三上春海、阿木津英(司会)。
前から2列目のK月さんの隣が空いていたので座らせてもらい、
前にO村さん、後ろにK藤さんという席。
知り合いもちらほら、
60名ほどの出席。
右斜め後方に石川幸雄さんがいました。
13時から17時近くまで、
多くの問題提起がなされました。
赤ひょうたんで懇親会。
そのあともう1軒。
23時半過ぎに帰宅。
posted by udagawa at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185991730

この記事へのトラックバック