2018年06月17日

6月16日、土曜日、

土曜日なれど、
5時半起床、7時半出社。
3時間ばかり肉体労働、
肌寒いはずなのに汗が滴り落ちてきました。
雨の予報がかろうじて曇り。
10時45分、完了。
そのあと片付け。
この日はデスクワークをする余裕はなし。
16時、開発社が長年お預かりしていた書籍、
700部ほどの引き渡しの立ち合い。
N先生に久しぶりにお会いしました。
N先生のご縁で今道友信先生の講演の校正をする機会があり、
更に電話で少しお話したことがあります。
バービーボーイズのイマサの御尊父です。
17時、娘が事務所に寄ってくれたので、
一緒に帰宅。
posted by udagawa at 09:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 業務
この記事へのコメント
今道友信先生のお名前がありましたので、懐かしくなり、コメントを書きます。
学生時代に先生の講義を受けました。博識と言う言葉の通りの色々なことを知っていらっしゃる先生でした。美学科の学生だった小林恭二さんから、近ごろの学生は、ギリシャの文字をそのまま読めず、アルファベットにしなければならないのは、情けないと嘆いていらしたという話を聞いたように記憶しています。
また、学生の私語や遅刻をすごく嫌っていらっしゃいまして、突如、講義が止まり、学生にお説教されていました。講義は、独特の調子があったので、不遜にも私も真似をしていました。
最後の方で、古今集を研究されているようなお話をうかがったのですが、美学の方から離れたので、先生のご研究は、存じていません。
長くなりましたが、思い出したことを書きました。先生の講義を聞けたことを貴重なことと思っています。
Posted by 梶 智紀 at 2018年06月19日 08:30
独立して間もないころ、
少々ご縁のあったフリーの編集者が、
今道先生の秘書のような立場の方でした。
その方も独立して先生の本を何冊か出されています。
先生が亡くなられて何年が経つのでしょうか。

吉田豪『バンドライフ』(メディアックス、2008)に、
いまみちともたかインタビューが掲載されており、
今道先生の興味深いエピソードが紹介されています。
Posted by 六花書林 うだがわ at 2018年06月21日 07:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183562744

この記事へのトラックバック