2008年08月22日

「短歌研究」9月号

「短歌研究」9月号の
〈最近刊歌集・歌書評〉で、
東海林文子歌集『無音の行進曲』が取り上げられています。
佐藤弓生さんの批評。

同号では、
「短歌研究新人賞」が発表されていますが、
上位に若い世代の作家が目立ちました。
新しい波が生まれるのでしょうか。

   *

ようやく猛暑も過ぎ去った感あり。
今日はだいぶ過ごしやすい一日です。
黙々と事務作業。
ただ、まだまだ目途は立ちません。
posted by udagawa at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18249919

この記事へのトラックバック