2017年02月17日

不幸中の幸い

金曜日、普段より早めの出勤。
制作中の本の帯に間違いがあり、
差し替えデータを印刷所へ。
袖の部分が新字と俗字になっているという間違い。
午後、印刷所から今度はカバーのバーコードの確認。
ISBNの分類数字に間違いが発覚。
流通は可能なのですが、
急いでデザイナーに修正データを作ってもらう。
いずれも印刷前だったので、
最小限の傷で済みましたが…。
気を取り直して以後黙々と作業。

柳澤健『1984年のUWF』(文藝春秋)を読了。
U信者だったこともないので、
さほど期待しなかったら予想以上に面白く読みました。
序章と終章を、
直接は関係のない中井祐樹の視点という構成、
その構成が素晴らしい。
わたしは中井と同い年ということを知りました。
彼の試合を一度だけ観たことがあります。
仕事帰りにふらりと寄った後楽園ホールでの試合でした。
右目を失明するのが1995年なので、
その前年あたりでしょうか。
posted by udagawa at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178799945

この記事へのトラックバック