2016年07月26日

板橋歌話会

昨夜、成増アクトホールでの板橋歌話会に出席。
風間博夫さんが「田谷鋭作品を読む」というレポート。
60歳以後の歌集未収録作品は、
先日刊行の『田谷鋭全歌集』にすべて収録されましたが、
60歳までの作品を中心にやや駆け足で1時間ほど。
最近、田谷さんの作品を読むとしみじみとします。
わたしが何度かお会いしたのは、
田谷さんが80歳前後。
穏やかな先生で、
スーツにナップザックを背負って、
そしていつも白いスニーカーでした。

そのあと、大坂泰さんの講話。
茂吉や文明、佐太郎との出会いのエピソードなど。
大坂さんは95歳。
今でも身の回りのことはすべて自分でこなすとか。
そのうえ主宰する「樹林」を毎月自ら編集。
最近のことはすぐ忘れても
昔のことはいつまでも覚えているそうで、
その記憶力に脱帽します。

会の後、9人ばかりで懇親会。
何故かI川さん、A野くんと地元の飲み屋の話題。
1時間ほどで解散。
バスで帰ったら停留所を間違え、
夜の街を十数分さまよってしまいました。
posted by udagawa at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176237449

この記事へのトラックバック