2014年09月22日

「短歌研究」10月号

「短歌研究」10月号の作品季評で
松村正直歌集『午前3時を過ぎて』が
取り上げられています。
評者は小池光氏、さいとうなおこ氏、森本平氏。
読者から早速に電話での注文あり。
刊行して4ヶ月、
途切れることなく注文があります。
とはいえ、まだまだ在庫はありますが…。

同じ10月号の1頁書評で、
大松達知歌集『ゆりかごのうた』が
取り上げられいます。
本多稜氏による批評。
『こどもたんか』の作者ならではの切り口でした。
posted by udagawa at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103847194

この記事へのトラックバック