2021年11月10日

『郭公の巣』

中村典子歌集『郭公の巣』を刊行しました。

 四六判上製カバー装
 312ページ 定価:本体2500円(税別)
 著者第1歌集

「サキクサ」で研鑽を積んだ著者。
大塚布見子主宰が亡くなった後は、
結社に所属していないそうですが、
このたびひとつの区切りとして1冊にまとめられました。

娘の急逝のあと二人の孫を育て上げ、
かたわら料理研究家としての多忙な日々、
そして朝鮮からの引き揚げの記憶、
読み応えのある一冊になりました。

ご縁があって紹介され、
歌集を制作をお手伝いいたしました。
帯文は富田睦子さん。

ホームページを更新しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

11月8日、火曜日、

火曜日、
6時起床、7時45分出社。
一人体制ですが、
やるべきことが山積み。
開発社から在庫補充の依頼あり。
『跫音を聴く』の注文が断続的にあるとのこと。
直接注文は一段落したのですが、
Amazon、書店での注文はありがたいことです。
午前中、デスクワークに専念。
金曜日締切の仕事の資料が到着。
開封するも手を付けられず。
午後は発送作業。
合間に急ぎの仕事が舞い込み対応。
まだまだ終わらないものの、
少しだけ持ち帰りにして
19時で切り上げ帰宅。
posted by udagawa at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務