2019年07月31日

『夜のおはよう』

野村まさこ歌集『夜のおはよう』を刊行しました。
 
 A5判並製カバー装
 170ページ 定価:本体2000円(税別)
 「コスモス」「COCOON」所属の著者第1歌集

栞文は広坂早苗さん、大松達知さん、
装画は著者。
カバーのみならず、
表紙、扉も著者の絵で彩られています。

養護教諭としての日常が歌われていますが、
同世代だからか(学年はわたしが一つ下)、
作品を興味深く拝見することができました。
また環境はまったく違えど、
抱える問題は重なることがありました。

ホームページを更新しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

『雄峰』

生井和雄歌集『雄峰』を刊行しました。
 
 四六判並製カバー装
 112ページ 非売品
 著者第1歌集

ご紹介があって歌集制作をお手伝いいたしました。
茨城在住の著者とは一度もお会いすることもなく、
主に電話で打ち合わせ、
原稿をお預かりして、
2ヶ月ほどでの刊行となりました。

ホームページを更新しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

7月30日、火曜日、

火曜日、
5時半起床、7時40分出社。
猛暑、
東京はようやく梅雨明けとのこと。
午前中は資料の整理。
そのあと、そろそろ催促されるであろう原稿の準備。
月刊誌でないので工程が見えにくいのです、
と言い訳。
この連載も20年を超えました。
当初は月刊で、夏井いつきさんも連載陣にいた記憶あり。
珍しく電話が多い一日。
7月も終わりに近づき、動き出すこともいくつか。
13時過ぎ、Nさんから無事許可が出たとの電話。
電話で喜び合いました。
喜びのあまり(?)19時過ぎまで仕事。
posted by udagawa at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年07月30日

7月29日、月曜日、

月曜日、
前日に部活の合宿から娘が帰ってきました。
5時40分起床、7時40分出社。
通常モードになるも、
前日に続き猛暑。
先週末に依頼された作業をメールで返送。
土曜日に届いていて校正刷を確認して、
著者に転送。
猛暑のせいにするわけではありませんが、
作業が停滞気味。
夕方、Uさんに電話してデザインの相談。
18時には切り上げ、
2つの書店に立ち寄り2冊購入。
1冊はあるシリーズの6作目。
5篇の短編で4篇は連載、1篇は書き下ろしだとか。
posted by udagawa at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年07月29日

7月27日、土曜日、

土曜日、
6時半起床、8時半出社。
猛暑。
あまりに暑いので、
冷房をきかせた事務所に籠っていました。
が、効率はあまり良くなし。
やや停滞気味の一日。
土曜日なので気も緩んでいたかも。
17時40分、御徒町駅で家人と合流。
貝料理専門店で食事。
帰り道、隅田川の花火大会が
思いのほか近くであることに気づきました。

IMG_0622.jpg
posted by udagawa at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年07月27日

7月26日、金曜日、

金曜日、
5時40分起床、7時40分出社。
前日のアルコールのせいか、
急に猛暑になったせいか、
朝から少々しんどし。
午前中に郵便局で支払。
7月は支払ってばかりのような気がします。
以後、籠ってデスクワーク。
週末、ゆるやかに進行。
18時半、助っ人と三業地の「はなおか」で食事。
コースのうえ、お酒はお任せ。
出されるがまま美味しく頂くことに徹しました。
珍しくハシゴはせず、
21時半には帰宅。
posted by udagawa at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年07月26日

7月25日、木曜日、

木曜日、
5時40分起床、
娘は部活の合宿で山中湖へ。
出社途中でドトールに寄ったら、
三平の女将さんにばったり。
ご挨拶。
7時45分出社。
一気に夏が押し寄せてきた暑さ。
籠っての作業。
委託分の発送の準備。
外出して15時半に打ち合わせ1件。
戻って作業の続き。
18時半、真田さん来社。
打ち合わせ、少々長引きました。
そのあと吞みに…、
今朝会ったからというわけではなく、
三平へ。
この日も賑わっていました。
何とかテーブル席を確保。
生麦酒1杯、冷酒2合ほど。
そのあと鳥晶へ。
2つだけ席が空いていました。
ホッピー、焼酎の抹茶割り。
疲れもあってかなり酔っての帰宅。
posted by udagawa at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年07月25日

7月24日、水曜日、

水曜日、
5時40分起床、7時40分出社。
真夏日。
一気に暑くなりました。
前日に続き校正。
Aさんに歌集校正刷を発送。
二十数年ぶりの第2歌集。
10月刊行予定です。
外出して15時に打ち合わせ1件。
戻って作業の続き。
S木さんからお電話。
今後の対応について、
といっても連絡を待つのみです。
18時半になる前に余力を残し切り上げ、
真っ直ぐ帰宅。
21時半ごろからハイサワーを吞んでぼんやり。
一部でジャン酎で呼ばれていますが、
途中でレモンでも搾らないと飽きてきます。
posted by udagawa at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年07月24日

7月23日、火曜日、

火曜日、
5時40分起床、7時40分出社。
起床から出社まで2時間。
通勤時間が40分かからないので、
それなりにゆったりとしています。
朝、銀行と郵便局を回り支払、
そのあとは外出を控え目にして、
ひたすら校正な一日(←日本語として微妙です)。
打ち合わせの机に校正刷と原稿を広げ、
助っ人にも手伝いを頼み何とか完了、
18時50分、宅急便の事業所に校正刷を持ち込み発送。
営業は19時までなので滑り込み。
19年ぶりのUさんの第2歌集は順調に進行です。
20時過ぎに帰宅。
posted by udagawa at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年07月23日

7月22日、月曜日、

月曜日、
5時40分起床、7時40分出社。
週明け、慌ただし。
朝から時間に追われていました。
ひたすら校正。
N田さんから週末にお送りした原稿の返事。
無事(?)OKを頂きました。
外出して16時に打ち合わせ。
事務所に戻ると緊急の連絡。
しばし電話で話し合い。
わたしは傍観するのみかもしれず。
18時半、池袋で月例の会合。
1時間ばかり。
終わると食事は遠慮して、
バスで帰宅。
乗り換えなしで座って帰りました。
週明けから疲れていたようです。
食事のあとは持ち帰った仕事。
なかなか終わらず…。
posted by udagawa at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年07月22日

7月21日、日曜日、

日曜日、
8時起床。
4週間ぶりの休日。
11時、家人と選挙へ。
そのあと家人は取材へ。
娘も遊びに行ってしまったので、
自宅でひとり持ち帰った仕事を
17時まで断続的に進めました。
18時に娘が帰宅、
近所のファミレスで食事。
休日なので大賑わい、
20時からテレビ東京の選挙速報。
池上さんもさすがに年を取った印象、
それにしても得票率の低さはいったい何なのか。
24時就寝。
posted by udagawa at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

7月20日、土曜日、

土曜日、
5時40分起床、7時40分出社。
籠ってひたすら校正。
自分の机ではなく、
打ち合わせ用のテーブルに校正刷を広げ、
黙黙と校正。
電話鳴らず来客無し、
効率良し。
ホームページのトップページの右部分、
ずっとそのままになっていましたが、
ようやく修正しました。

17時前に切り上げ帰宅。
自宅で家族とゆっくり食事。
自宅で居酒屋のようなもの。
いただきものの日本酒でヨッパライしました。
いつの間にやらダウン!
posted by udagawa at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年07月20日

7月19日、金曜日、

金曜日、
5時40分起床、7時40分出社。
前日より回復。
午前中は歌集初校の校正。
手書き原稿は久しぶり。
文字をなぞるごとく校正。
週明けに著者へ発送予定。
Tさんから帯文がFAXで届きました。
著者にPDFにして送信。
来月刊行目標。
外出して14時に打ち合わせ。
複数の打ち合わせを順番にこなしていきました。
すでに10月の話も。
かなり厳しい日程を提案されるも即答できず。
終了後は事務所に戻って作業。
19時半まで。
約12時間労働なり。
帰宅して食事後に持ち帰った仕事の続き。
妻子が「サマーウォーズ」を観ていたので、
途中から作業をしつつ一緒に観ました。
24時過ぎに軽く呑み始め、
そのあとに就寝しようとすると
立て続けに腓返りで悲鳴!
疲労はピークか。
posted by udagawa at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年07月19日

7月18日、木曜日、

木曜日、
7時起床、8時45分出社。
朝起きられず…。
従って出勤も遅れました。
定時があるわけではありませんが…。
何となく停滞気味。
仕事以外のことに煩わされました、
などとぼやいても仕方ありません。
いくつかの税金を払い込み、
これで消費税が上がったら…と憂鬱になり、
何となく停滞気味。
19時過ぎに切り上げ帰宅。
自宅での夜食は久しぶり。
外食が続くとそれなりに消耗しますね。
posted by udagawa at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年07月18日

7月17日、水曜日、

水曜日、
5時40分起床、7時40分出社。
前夜の疲れが残っていましたが、
何とか通常通り。
作業の進展少なし。
内職を1本完了、宅急便で返送。
例月の副業(?)の進行確認のメールあり。
午後になってそれなりに慌ただし。
18時過ぎ、S田さんが打ち合わせに来社。
校正刷を渡して方向性の確認。
そのあと都電線路沿いに先月出来たドラム缶へ。
何と禁煙の立ち飲み。
20分ほど滞在して鳥晶へ。
結局辿り着くのはいつもの店。
しばらくすると満席に。
ボトルを追加。
吞み過ぎ…。
22時前には帰宅。
posted by udagawa at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年07月17日

7月16日、火曜日、

火曜日、
5時40分起床、7時40分出社。
仕事でないことに追われる一日。
合間に開発社へ補充分を発送。
Amazonにも充分発送。
このところ返本が少ないのでありがたし。
18時半で切り上げ池袋へ。
居酒屋にて或る慰労会。
16名出席(当日欠席1名)。
幹事になってしまったので、
事前にそれなりに準備もしました。
コースで飲み放題。
麦酒の後は、とうもろこし茶割り、
薄いので6杯だか7杯。
解散後、Mさんともう1軒。
23時には帰宅。
posted by udagawa at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年07月16日

7月15日、月曜日、

月曜日、祝日、
海の日とのこと。
7時半起床、9時出社。
前日の続き。
さすがに昼に酒をのむことは止め、
かなり集中しての作業。
効率良し。
17時前に切り上げ、
友だちと遊んできた娘と乗換駅で合流。
銀だこ酒場で食事、
かなりの賑わい。
たこ焼きがメニューからかなり減った印象。
posted by udagawa at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

7月14日、日曜日、

日曜日、
7時半起床、9時出社。
ひたすら事務作業。
昼、駅前で寿司屋で食事。
日曜日なのでと、
つい麦酒1本、熱燗2合…。
ほろ酔いになってしまい、
酔いをさます羽目に…。
日曜日なので仕方なし。
原稿の下書きほかで19時前まで。
鳥晶が空いていたので、
カウンターで1時間ほど。
ユニコーンの二人が大塚を巡る番組が流れていました。
店員と珍しく世間話(普段は無口なのです…)。
21時前に帰宅。
妻子はそのあとの帰宅。
posted by udagawa at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年07月14日

7月13日、土曜日、

土曜日、
6時半起床、8時半出社。
いずれも普段より遅め。
世間は3連休なれどそうもいかず。
事務作業をいくつか。
お盆ということもあり、
午後に実家へ。
事務所から30分強。
お線香を上げ、しばし母と談笑。
本棚から何冊かをピックアップ。
北村薫のシリーズを2冊ほど買い直したところでしたら、
実家に残っていました。
事務所に戻り、手紙を2通。
消耗気味。
17時半で切り上げ帰宅。

IMG_0600.jpg
posted by udagawa at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2019年07月13日

7月12日、金曜日、

金曜日、
5時40分起床、7時40分出社。
朝から雨。
外出は最小限にしました。
『藤原月彦全句集』の問い合わせ複数。
まだまだ在庫はありますが、
予想を超えた反響があります。
俳句や短歌の実作者でない方にも読まれているようです。
ひたすらデスクワーク、
19時前に切り上げ帰宅。

山地春眠子『「鷹」と名付けて』(邑書林)を読了。
「鷹」創刊5年間のことが書かれています。
わたしもご多分に漏れず(?)、
藤田湘子の「馬酔木」脱退の真相が知りたかったのですが、
結局は湘子本人以外には推測に過ぎず。
〈愛されずして沖遠く泳ぐなり〉は、
師の水原秋桜子との関わりであるという鑑賞がありますが、さて…。
posted by udagawa at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務