2019年06月03日

『嬬恋』

原田千万歌集『嬬恋』を刊行しました。
 
 A5判上製カバー装
 124ページ 定価:本体2500円(税別)
 「短歌人」「さて、」所属の著者第3歌集

制作にあたって原田さんの第2歌集『風に帰らむ』(邑書林)
を久しぶりに取り出してみたら、
佐久で開催された批評会の資料が挟んでありました。
2歳になる前の娘を連れて家族で参加。
まだ寒い季節でした。
翌日は観光。
小海線に乗ったとき、
どなたかが小中英之さんの一首を暗誦しましました。
ずいぶん前のことです。

ホームページを更新しています。

http://rikkasyorin.com/syuppan.html
posted by udagawa at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊

6月2日、日曜日、

日曜日、
7時半起床、
休むつもりが気になることがいくつからあり出社。
メールの急ぎの返信のみして、
ぼんやり16時まで。
やはり休むべきだったか。
最近メリハリがないと反省。
帰宅して家族で食事。
そのあと19時から23時まで、
テレビを観てしまう。
「集団左遷」の三上博史に釘付け。
家人とかつてのアケミの快演を語り合う。
調べたらDVDになっておらず、
たぶんいまの時代では再放送も無理でしょう。
そのあと「長閑の庭」を観る。
思いがけず良い。
橋本愛が好演。
posted by udagawa at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

6月1日、土曜日、

土曜日、
5時40分起床、7時半出社。
『嬬恋』の委託発送作業。
頁数はそれほどではないのですが、
A5判ですとそれなりに重し。
BGMをかけながら愉しく作業。
御見積書を送付したSさんから、
残念なお返事。
気持ちを切り替えてゆきます。
俳人のMさんから電話。
消極的に承諾してSさんの連絡先をお教えしました。
7月のシンポジウムの件を少々。
荒川区が俳句に力を入れていることについても少々。
会場が都電荒川線の停留所から直ぐのようですが、
やはり多少不便でしょうか。
17時半に切り上げ、
学校帰りの娘と合流。
お弁当を買って帰宅。
疲労…。
posted by udagawa at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務