2016年11月25日

反響

『六花 vol.1』を刊行して、
ネット上では少しずつ反響が出てきました。
ただ『六花 vol.1』で検索しても引っかからないものも多く、
気づいていないブログもありそうです。
どうぞこっそり自己申告してくださると助かります。

今日発見したブログ、
http://ooikomon.blogspot.jp/2016/11/blog-post_23.html

初めてお会いしたとき、大井さんは編集者でした。
わたしが23歳の冬、小岩の喫茶店でお会いしました。
いま思えば、大井さんはいまの私くらいの年齢でした。
それにしては落ち着いていました。
そのとき、攝津幸彦『陸々集』をいただき、
それがはじめてとも言える攝津体験でした。
もちろん大井さんの編集によるものです。
posted by udagawa at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記