2016年06月15日

『翻訳出版編集後記』

常盤新平『翻訳出版編集後記』(幻戯書房)
をようやく読了。
読み始めたのは今月3日だったので、
おもいのほか時間がかかりました。
並行して数冊読んではいたのですが…。
前半の固有名詞、アメリカの出版社や作家の名前、
ほとんど無知なのでつまずきつまずき、
中盤以降、ようやくリズムに乗って読むことができました。
1960年代の翻訳出版の事情は、
現在とまったく違うようです。
そして巻末の宮田昇の解説は、
厳しくも温かいものでした。

ちなみに六花書林では今後も翻訳出版をすることは、
たぶんないと思います。
断言はできませんが…。

デザインは真田幸治さん。
本文天アンカット、並製ながら製本にもこだわりあり。

翻訳編集.jpg
posted by udagawa at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

呑んで呑んで…

今週に入り、呑む機会が多し。

月曜日、神田で所用のあと5人ほどで一献。
わたし以外はそれほど呑まない方々なので、
遠慮する必要はなくても抑え気味に。
瓶ビール1本、焼酎水割り1杯、ホッピー2杯。
帰宅後に呑み直し。

火曜日、H社から第1歌集を刊行したAさんと、
お祝いを兼ねて大塚でハシゴ酒。
かつて彼が暮らしをしていたアパートは、
実家の近所だったり、
いまの職場は現在の住まいの近所だったり、
不思議なつながりあり。
もう短歌をやめてしまった共通の知り合いたちのことを
久しぶりに思い出しました。

今夜は打ち合わせのあと都電沿いの居酒屋へ。
すでに予約済。
posted by udagawa at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記