2016年06月30日

水無月尽日

今日で6月が終り。
そして1年の半分も終り。
梅雨の真っただ中、
今日も時折小雨。
朝からデスクワークに専念しました。
大方は順調な進行、
あとは微調整しながら…となります。
某行政から依頼の調査仕事は、
助っ人と打ち合わせしつつ進行。
明日から助っ人は本格的な調査の予定。
6月は休みもあまり取らず、
とにかく忙しかった印象があります。
といっても収支のバランスは極めて悪し。
なかなか難しい問題です。
posted by udagawa at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2016年06月28日

火曜日、雨のち曇り

火曜日、普段より早めの出勤。
黙々とデスクワークをこなす。
11時、会で上京のSさんが来社。
小社に来るのは初めて。
1時間ばかり世間話をしました。
昼は持参のお弁当。
今日の仕事場は一人体制なので、
なるべくいるようにしましたが、
15時に飯田橋で打ち合わせ。
終わって仕事場にトンボ帰り。
天気がはっきりせず、
仕事も停滞気味のような…。
週末の疲れが出てきたということで。
posted by udagawa at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2016年06月27日

そして月曜日、

2日続けての会が終わり、
いくらかお酒をセーブしていたので、
週明けの月曜日は普段通りに出勤。
返信が必要なメールが多く、
そして12時に外での打ち合わせがあるので、
午前中は集中しての作業。
打ち合わせが終わって
仕事場に戻ってきたのは13時半。
ようやくお弁当。
午後はデスクワーク。
1冊校了。
来月下旬には出来上がりそうです。
御礼状など6通を投函。

本日3つめの記事の更新。
posted by udagawa at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

『緑の記憶』批評会

日曜日、早朝名古屋を出発して仙台へ。
市内での洞口千恵歌集『緑の記憶』批評会に出席。

緑の記憶.jpg


前日の半分ほどの出席者でしたが、
大半は面識のある方なのでいくらかリラックス。
レポーターがいるわけではなく、
出席者が順番に批評をする形式。
あたたかな、それでいて的確な批評が多く、
穏やかな会だったように思います。
前日に続き、
終りに版元としてふたことほど述べさせて頂きました。

続いて懇親会。
前日と打って変わって静かなお店でした。
著者の洞口さんとも初めてじっくりお話しできました。

写真は昼間に食べた牛タン定食。
少し食べ過ぎ…。
そして仙台駅周辺。
以前のような活気が出ていて嬉しく思いました。

牛タン定食.jpg
仙台.jpg

帰宅は22時過ぎ。
移動の多い2日間でした。

posted by udagawa at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告

『未明の窓』を読む会

土曜日、名古屋へ。
広坂早苗歌集『未明の窓』を読む会に出席。
「まひる野」の若い会員が多く、
なかなか華やいでおりました。
パネリスト4名、
議論も充実、そして濃密。
会の終わりに版元として一言述べさせていただきました。

懇親会は賑やか。
一度座ってしまったらなかなか動けず、
それほど交遊することもできず…。
そのあと二次会では一部で歌壇の聖地を言われる店に。
雨が降っていて、更に酔っぱらってのシャッター。

平和園.jpg

若手3名合流。
うちふたりは角川短歌賞の受賞者でした。
名刺交換して、以後ひたすら呑む。
三次会は遠慮して一泊。

「竹の子日記」に会の詳細が書かれています。
リンクは貼りませんが…。

以下の写真は懇親会での一枚、そして早朝の名古屋駅付近。

広坂歌集.jpg名古屋.jpg




posted by udagawa at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2016年06月24日

金曜日、曇りのち小雨

週末、普段より早めの出勤。
来客予定はなかったものの、
週末なので一段と慌ただし。
午前中に校正を終えた初校刷を著者に発送。
昼前、近刊歌集のカバーラフを受け取り、
著者に転送。
15時、飯田橋で打ち合わせ一件。
終わって仕事場に戻り、校正のつづき。
先ほどようやくひといき、
といったところです。

明日は名古屋での批評会に出席するので、
お休みをいただきます。
posted by udagawa at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2016年06月23日

迢空賞授賞式

昨日は飯田橋のホテルメトロポリタンでの
迢空賞の授賞式に出席。
受賞は大島史洋歌集『ふくろう』。
大島さんに初めてお会いしたのは、
わたしが22歳のときでした。
歌集『四隣』を出す少し前でしょうか。
パーティ、そして二次会も参加。
盛会でした。
大島さんに直接お祝いを申し上げることもできました。
結局最後まで残り、
タクシーで帰られる大島さんを見送ってのち帰宅。

今朝は6時20分、起床。
さすがに午前中は身体がだるく、
昼過ぎになってようやく本調子に。
posted by udagawa at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2016年06月22日

水曜日、雨のち曇り

水曜日、朝から小雨。
仕事場に着いたころには止んでいましたが、
以後降ったり止んだり…。

昨夜は池袋でSさんに御馳走になってしまいました。
4月の或る御礼ということで遠慮なく…。
池袋で呑むことはすっかり減ってしまいましたが、
まだまだ隠れた名店と呼ぶべき店は多いようです。
昨夜の店は十数席をふたりで回していました。
無駄のない動きに感動。
もちろん味も良し、日本酒の品揃えにもこだわりあり。

呑み過ぎて朝から身体が重いのですが、
午前中から外での打ち合わせ。
細かな作業が少々増えています。

今日は迢空賞の授賞式に出席予定です。
posted by udagawa at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2016年06月21日

火曜日、雨のち曇り

火曜日、小雨降るなかを
普段より早めの出勤。
8時過ぎには仕事場着。
外出予定も来客の予定もないので、
籠ってのデスクワークに専念しました。
主に校正作業。
助っ人が来たので、
来月以降の仕事の進め方を相談。
お弁当持参なのでほとんど外出せず。
気づいたら雨もやんでいました。
今夜はデザイナー氏と一献の予定。
posted by udagawa at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2016年06月20日

週明け

週明け、猛暑。
仕事場は外よりも数度低いのですが、
その程度では快適と言えません。
とはいえまだ冷房をつけず過ごしています。
朝から黙々とデスクワーク。
合間にトーハンへ注文書籍の納品。
午後、S県からおふたり来社。
或る依頼の打ち合わせだったのですが、
かなりの難題…。
以後、校正作業。
今月末に新刊が出来上がりそうなので、
そろそろ発送準備をしなくてはいけません。
やるべきことが山積みの週のはじめです。
posted by udagawa at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2016年06月18日

土曜点描

今日は午前中、
子どもの学校公開を1時間半ほど見てから出勤。
以後、ひたすらデスクワーク。
締切を過ぎた原稿をようやくまとめ終え、
自宅で推敲することにして週明け送信します。
内職も週末に終える必要が生じ、
正直なところ焦り始めています。
あとはゲラの整理。
ほぼ校正が終わっている一本は、
著者が旅行中なのでしばし手元に置いておきます。

週明けは打ち合わせが多そう。
posted by udagawa at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2016年06月16日

梅雨のひとひ

東京は昼前から雨、
天気予報通りでした。
梅雨の真っ盛り、
傘は必需品ですが、
居酒屋に忘れてしまうことしばしば。

6月も半ば。
今月は新刊はゼロ、
来月は新刊数点、
調整しながら進行している仕事あり。
呑むことも忙しいですが、
それ以上にしっかり仕事をしていますよ、
と誰にともなく言い訳。
月末は名古屋、仙台での批評会に出席予定。
一泊すべきか悩んでいます。
posted by udagawa at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2016年06月15日

『翻訳出版編集後記』

常盤新平『翻訳出版編集後記』(幻戯書房)
をようやく読了。
読み始めたのは今月3日だったので、
おもいのほか時間がかかりました。
並行して数冊読んではいたのですが…。
前半の固有名詞、アメリカの出版社や作家の名前、
ほとんど無知なのでつまずきつまずき、
中盤以降、ようやくリズムに乗って読むことができました。
1960年代の翻訳出版の事情は、
現在とまったく違うようです。
そして巻末の宮田昇の解説は、
厳しくも温かいものでした。

ちなみに六花書林では今後も翻訳出版をすることは、
たぶんないと思います。
断言はできませんが…。

デザインは真田幸治さん。
本文天アンカット、並製ながら製本にもこだわりあり。

翻訳編集.jpg
posted by udagawa at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

呑んで呑んで…

今週に入り、呑む機会が多し。

月曜日、神田で所用のあと5人ほどで一献。
わたし以外はそれほど呑まない方々なので、
遠慮する必要はなくても抑え気味に。
瓶ビール1本、焼酎水割り1杯、ホッピー2杯。
帰宅後に呑み直し。

火曜日、H社から第1歌集を刊行したAさんと、
お祝いを兼ねて大塚でハシゴ酒。
かつて彼が暮らしをしていたアパートは、
実家の近所だったり、
いまの職場は現在の住まいの近所だったり、
不思議なつながりあり。
もう短歌をやめてしまった共通の知り合いたちのことを
久しぶりに思い出しました。

今夜は打ち合わせのあと都電沿いの居酒屋へ。
すでに予約済。
posted by udagawa at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月10日

週末点描

何だか酒の話ばかりになりそうですが、
昨夜は『田端日記抄』刊行を祝って
著者の水島さんと一献。
観るのを忘れてしまったのですが、
先月「吉田類の酒場放浪記」で取り上げられた店へ。
ビールで始まり、冷酒をそれなりに。
若いころに出会った葛原妙子、岡部桂一郎のことをうかがい、
楽しく呑みました。

週末、今週はいささか呑み過ぎ。
それでも6時15分起床、
8時半には仕事場着という規則正しさ。

1年半ほど前に制作開始した書籍、
ようやく頁数が確定。
8月までには何とか刊行したいものです。

明日も通常営業。
京都行きを計画したのですが、
日程的に断念です。
posted by udagawa at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2016年06月09日

出版記念会

8日、学士会館にて
斎藤寛『アルゴン』、藤田初枝『髪を切りにゆく』、春野りりん『ここからが空』
の合同出版記念会に出席。
最初の2冊の版元です。
ゲスト、それぞれ3名が歌集を批評。
スピーチの人数は比較的少なめ。
学士会館での中華のコースは初めてだったかもしれません。
2時間半ほどの充実した時間でした。

終わって神保町駅近くの居酒屋での2次会も盛会。
23時近くまで居て、
帰宅は23時半過ぎ。

スタンド花.jpg

posted by udagawa at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2016年06月08日

丸眞正宗

昨夜、庚申塚の菊谷へ。
ずっと行きたいと思って、
ようやくはじめて行きましたが、
なかなか良い雰囲気でした。
丸眞正宗があったので注文。
東京の北の大衆居酒屋へ出す店は多い銘柄。
23区で唯一の造り酒屋である小山酒造のお酒。
実家から徒歩10分ほどにありましたので、
あるとついつい頼んでしまいます。
軽くつまんで、
最後はもりそば1枚。

丸眞.jpg
posted by udagawa at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月06日

週明け

本日諸事情で5時過ぎ起床。
6時前に朝食だったので、
昼前に空腹…。
11時、13時半と来客。
おふたりとも70代の男性ですが、
フットワーク軽し、そしてお元気。
わたしが70代になるとき、
そうなれるかいささか不安。
打ち合わせはいずれもスムーズ。
ほかデザインが確定したり、
本文の組み方がほぼ確定したり、
週明けを着実に前進できたような気がします。
そして先ほど税金を振り込んで、
肩の荷がひとつだけおりました。
posted by udagawa at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2016年06月03日

週末点描

はや6月も3日。
今週は人と会う機会が普段より多く、
夜も呑みに行くことが多かったので、
少々疲れ気味です。
呑むのを控えれば良いのですが、
呑み始めると勢いづいてしまい…。
打ち合わせも多かったのですが、
週末になりようやく一段落。
今月は批評会、記念会も多し。
現在、3つの会に出席予定。

常盤新平『翻訳出版編集後記』(幻戯書房)
を読み始めました。
並製ですが意外と高いので購入を迷いましたが、
なかなか面白そう。
ちなみにデザインは真田幸治さん。

posted by udagawa at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務