2016年05月07日

命日

加古陽治『一首のものがたり』を読了。
東京新聞の連載をまとめた一冊。
知らなかったエピソードも多く、
さすがに調べぬかれているな…と思いました。
なかでも小野茂樹、仙波龍英の項は繰り返し読む。

今日は小野茂樹の命日。
享年33。
わたしの生まれる半年前に事故で亡くなったので、
会ったことはありません。

ただ夫人の雅子さんは、
わが学生時代のことを知っている数少ない歌人。
去年、10周年記念誌をお送りしたところお手紙をいただきました。
あの頼りない若者が独立して…と思ったのかもしれません。
そして、お嬢さんの綾子さんは、二度ほどお会いしたがあります。
二度目にお会いしたのは会社をやめて間もないころ、
久我田鶴子さんの歌集の批評会だった記憶があります。

『ホレーシォの孤独 小野茂樹論』を刊行したので、
編集する過程で
久しぶりに小野茂樹の作品を読み返してみました。
20代のころ、影響を最も受けた歌人のひとり。
いまの若者は小野茂樹の作品、読むのでしょうか。

小野茂樹.jpg

posted by udagawa at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記