2017年06月24日

土曜日、

昨夜は元編集者のSさん、
そして旧知のMさんと一献。
Sさんは出版業界を離れているものの、
独立後に何かとお世話になった方です。
新宿西口の居酒屋で2時間ほど。
そのあと、Mさんともう1軒。
あまり考えず入った雑居ビル3階の中華料理店、
思いがけず美味しかったのですが、
もう一度行くことは難しそう。
さてどこだったか。

  *

土曜日、普段より30分ほど遅く出勤。
遅れがちな作業を黙々と進め、
何とか第一段階までこぎつけました。
まだ先は長し。
YouTubeでジブリの映画主題歌のギターソロを
延々とかけていました。
ジブリが好きなわけではないのですが、
なかなか効率が良くなりました。

鈴木宏『風から水へ』(論創社)を読み始めました。
副題に「ある小出版社の三十五年」とあり、
著者は水声社の創業者。
水声社の前身は書肆風の薔薇です。

写真は7月1日から解体作業が始まる一画。
小社から徒歩15秒。
周辺はどう変わっていくのでしょうか。

解体前.JPG
posted by udagawa at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2017年06月23日

金曜日、

金曜日、
普段より少し早めの出勤。
今日も引き続きデスクワーク。
取引先の社長の体調が悪いことを知り、
心配であると同時に何とも落ち着かず。
7月の新刊の最終調整。

今夜は独立当初にお世話になった方々と
新宿でお会いします。
最近、夜は遠出をしないので、
新宿で食事をするのは久しぶり。

明日も通常通りの営業です。
posted by udagawa at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2017年06月22日

木曜日、

木曜日、普段通りに出勤。
週の半ばあたりが
いちばん疲れが溜まっています。
朝からデスクワーク。
起伏少なし。
15時、外での打ち合わせ1件。
戻って仕事の続き。
今夜は隣駅で会合あり。
終り次第、別の用事(予定)。

記すことの少なき一日。
それも悪くはないような…。
posted by udagawa at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2017年06月21日

水曜日、雨

水曜日、
朝から雨。
時折強く降ったり、弱く降ったり…。
梅雨らしいいちにち。
籠ってデスクワークに専念しました。
お弁当持参なので、
出社したらほとんど外出せず。
13時以降は一人体制。
逡巡の末、A社と直接取引開始。
さてどうなることか。
『パン屋のパンセ』7刷はそれなりに順調、
6刷を売り切るのに2年8ヶ月かかったので、
7刷はもう少しかかりそう。
気長に売っていくしかありません。
雨もようやく上がったようです。
posted by udagawa at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2017年06月20日

火曜日、

火曜日、
可燃ゴミを出さなくてはいけないので、
普段より15分早めに出勤。
午前中の早い時間に取次へ行き注文分の納品。
引き続き注文がありホッとしました。
以後、デスクワーク。
それなりに起伏あり。
締切前に月例の仕事を手放すことができました。
細かな仕事をひとつずつ片付けていくしかありません。
仕事場近くのビルのいくつかが近々解体されるとのこと。
駅前も工事ラッシュ。
再開発の波が押し寄せてきました。
posted by udagawa at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2017年06月19日

月曜日、

週明け月曜日、
朝5時半に起床、
7時には仕事場に到着。
これは特例中の特例。
さすがに電車も空いていました。

朝からデスクワーク。
助っ人も来てくれたので、
分担しての作業。
特筆すべきことなく、
ただ淡々と…。

今夜は仕事抜きで一杯の予定。
posted by udagawa at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

『祭囃子の音』を読む会

日曜日、雨の信濃町。
夕方からの東医健保会館での、
野澤民子歌集『祭囃子の音』を読む会に出席。
35名ほどの会。
ゲストに外塚喬、小林幸子、佐波洋子、今井恵子の各氏。
おだやかながら活発な意見交換がなされました。
会の最後に少々早口で挨拶、
そして花束を渡しました。
ちなみに一応レジュメを作っていきました。
懇親会は駅前の寿司屋。
Kさんと久しぶりにお会いしました。
初めてお会いしたのは、
わたしが24歳のときだったよう。
懇親会の最後にも挨拶。
既に酔っていたので支離滅裂…、嗚呼。

会.JPG
posted by udagawa at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合

2017年06月18日

土曜日、日曜日

土曜日、出勤していましたが、
気持ちのゆとりなく更新できず…。
忙しくて多少のゆとりがあれば更新するのですが、
急を要することの対応で気づけば19時。
いちにち仕事場に籠って、
パソコンでの作業が中心。
思うようにはかどらず。
帰宅は20時過ぎ…。

日曜日、先ほど仕事場着。
さすがに休日なので一段と静か。
夕方から野澤民子歌集『祭囃子の音』を読む会に出席、
それまで資料作りをします。
明日は5時起床予定なので、
今夜は深酒厳禁です。
posted by udagawa at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2017年06月16日

金曜日、

普段はなかなか更新しない時間ですが…。

金曜日、早めの出勤。
外出控えめにしてデスクワーク。
再校刷を確認して著者と跋文の方へ発送。
あとは刊行時期の検討。

週末、さすがに疲れ気味です…。
夕方、メールを立て続けに送信。

「COCOON」4号を読んでいたら、
アンケートにメンバーの生年が記されていました。
同年生まれは3人。
多いのか少ないのか、
やはり多いのかもしれません。
posted by udagawa at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務

2017年06月15日

木曜日、

昨夜は打ち合わせのあと、
19時半から呑み始め、
2軒で切り上げるも
それなりに酔って帰宅。

今日は6時15分起床。
普段通りに出勤。
昼前に開発社の社長がいらして、
しばし談笑。
小社の住所は開発社内になっていますが、
実は開発社の編集部は大塚ではなく、
日本橋にあります。

「藻塩草 武富義夫さんのこと」という追悼文集を読みました。
お別れの会で配布するために急ぎ制作したそうですが、
とても美しい一冊。
面識がなくても、魅力的な人だったことが伝わってきます。
なかにし礼、山文彦、石田千、角川春樹といった作家から
翻訳家、編集者、新聞記者、写真家、
装幀家、古書蒐集家などが寄稿。
歌人では辺見じゅんさんと関わりが深かったそうです。
造本は真田幸治さん。
彼も追悼文を寄せているのですが、
装幀家デビューのきっかけは、
武富さんの紹介による
『鷗外の遺産』(幻戯書房)だったことを初めて知りました。
posted by udagawa at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 業務